ゼクシィ縁結びカウンターの登録~ログインまでの流れと評判

ゼクシィ縁結びカウンター

はじめての婚活、結婚相談所なら
出会い方を変えれば、縁が生まれる❤
10人に8人が1ヶ月以内に出会う
活動しやすい料金プラン
専任コーディネーター
ゼクシィから生まれた新しい結婚相談所で
愛をしようぜ。

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

「10人に8人が1ヶ月以内に出会っている」と言われるゼクシィ縁結びカウンターですが、実際はどんな雰囲気なのでしょうか。ゼクシィ縁結びカウンターのリアルな情報や評価などをまとめてみました。

ゼクシィ縁結びカウンターの料金と年齢層について

実際に結婚相談所に登録しようとすると、一番気になるのが「料金」です。

結婚相談所の多くは登録料だけで10万円以上かかったりするところもありますが、ゼクシィ縁結びカウンターの料金はというと、

・入会金:3万円

・月会費:1万6千円

となっています。(スタンダードプランの場合)

結婚相談所の相場と比べると何とも破格値ではないでしょうか。最初に入会金さえ払ってしまえば、あとは月に16,000円だけなので、正直、婚活パーティに行きまくるよりもずっと安い金額だと言えます。

そして気になるのは「どんな人が登録しているのだろう?」ということですよね。

ここでゼクシィ縁結びカウンターの公開情報を分析した結果よると、

<男性>

・20代:15%

・30代:55%

・40代:25%

・50代以上:5%

<女性>

・20代:25%

・30代:70%

・40代:5%

となっています。公式には詳細の%が記載されていないので、あくまで目視分析による結果となりますが、男性も女性も「30代」がボリュームゾーンであることが分かります。

そして男女会員の年収データによると、「男性:400~600万円」「女性:200~400万円」が平均年収であることが判明しました。

そして、利用する前に注意してほしいのは、地方だとなかなか利用が難しいということです。というのも、ゼクシィ縁結びカウンターはまだ全国にカウンターがない状態で、特に「東北地方」「北陸地方」の場合はカウンターが一つも存在しません。

また、「北海道地方」では札幌1箇所のみ、「九州地方」では「福岡」に2箇所のみとなっているので、それ以外の地域の人には残念ながらおすすめできません。

もし上記のような地方の人が登録しても、来店しての相談が難しく、その結果、会員も少ないので出会いがほとんどありません。

今後カウンターは増えていく見込みではありますが、現状としては「関東」「関西」「東海」地方の人達であれば十分使える結婚相談所であると言えます。

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談~ログインまで

では実際にゼクシィ縁結びカウンターに登録する方法とどんな流れかを見ていきましょう。

➀無料相談に行く

・ゼクシィ縁結びに入会したいと思ったならば、公式サイトから「無料相談予約」を行います。人気があるので1ヶ月先まで埋まっていることもあるので、備考欄に「空きが出たら連絡お願いします」と書いておけば、キャンセル待ちをすることもできます。

無料相談の流れとしては、

・アンケート記入やヒアリング

・コーディネーターからのアドバイス

となっており、約1時間程度となります。ここで入会を決めた場合、後日契約の為に再来店することになります。

再来店の際に必要なのは、

・プロフィールシート:無料相談で渡される

・本人確認書類:免許証・保険証など

・独身証明書:本籍地のある役所でもらう

・プロフィール写真:顔写真+全身写真の2枚がおすすめ、スタジオで撮ってもらったもの

・収入証明書:確定申告書や源泉徴収表など

・学歴証明書:卒業証明書か卒業証書など

・資格証明書:専門職の場合のみ必要

などです。

けっこう手間がかかるので、入会する予定であればあらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。

<入会後の流れ>

➀マイページで検索・候補紹介

➁ファーストコンタクト(お見合い)

➂トライアルデート期間

④真剣交際期間

⑤成婚退会

入会手続きが済んだら、本格的に活動を初めていきます。まずは、スマホやパソコンから自分の会員専用ページにログインして相手を検索していきます。

そこで気に入ったお相手がいたり、コーディネーターから候補を紹介された人が気に入った場合お見合いを申込みます。

このお見合いは「ファーストコンタクト」と呼ばれ、これが上手くいくと「トライアルデート期間」に進みます。ここでお互いが合意した時点で「真剣交際期間」に進みます。

この時点で結婚を前提としたお付き合いが始まり、あとはお相手と成婚退会するか交際をお断りするかという選択肢になります。

どの項目においても、日程や予定などが全てマイページで確認できるようになっているので、まずはマイページにログインするようにすればスムーズに進めることができます。

ゼクシィ縁結びカウンターのメリット・デメリット

<メリット>

・料金が安い

・他の結婚相談所とも提携している

<デメリット>

・他結婚相談所よりもアドバイザーの役割が少ない

口コミなどから分かったことは、何といっても「料金が安い」といことです。入会量を始め、月々の会費においても他結婚相談所とは比べものにならないくらい安いです。そして、成婚退会しても成婚料なども一切かかりません。

また、ゼクシィ縁結びカウンターだけではなく、他の結婚相談所とも連携しているので他の会員とも出会うことができるのも魅力的です。

パートナーエージェントなどは初期登録料で125,000円かかるので、その3分の1の金額でパートナーエージェントの会員と出会えるのは非常にお得だと言えます。

しかし、従来の「結婚相談所」のイメージを持っている人には少し注意が必要かも知れません。ゼクシィ縁結びカウンターの場合、担当者と会うのは定期的な面談が主となっていて、その他ではほとんど会うことはありません。

お相手検索も自主的にネットで行ったりデートのセッティングもシステムで決まるので、手厚いサポートを期待している人はちょっとイメージと違うかも知れません。

だからと言って放置されるのではなく、もちろん相談すれば親身になってくれるのでその点は安心して良いでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンターは他結婚相談所に比べても料金が安い分、コーディネーターのコストなどを削減しているという面があるのかも知れません。

ゼクシィ縁結びカウンターで婚活スタートしよう!

ゼクシィ縁結びカウンターに入会すると本格的に婚活が始まっていきます。

もし他の結婚相談所や婚活アプリ、婚活パーティなどでうまく行かなかった人は、ゼクシィ縁結びカウンターのようなコスパの高い結婚相談所であれば登録してみる価値はあります。

どうしようか迷っている人はゼクシィは実際に使っている人の満足度も高いので一度無料相談をしてみることをおすすめします!


はじめての婚活・結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンターで♩
↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

関連記事

  1. ユーブライドの基本的な使い方と出会う為のコツを紹介

  2. 女性目線で教えるOmiaiでのデートの誘い方!ベストなタイミングや期間は?

  3. ペアーズ広告モデルの橘沙奈さんとは?さらには、ペアーズを使う男性の悩み解決!

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  2. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  3. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  4. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  5. ペアーズ(Pairs)年齢層徹底解説!アラサーも出会いある!?

  6. バツイチ・シングルマザーでも出会える!ペアーズで安心婚活♪

  7. 【女性向け】ペアーズの口コミ評判から本当に安全安心して利用でき…

  8. 【俺のいいね数少なすぎ?!】ペアーズの男性会員の平均いいね数と…

  9. ペアーズのプロフィール(自己紹介文)を例文付きで解説!

  10. ペアーズの解約・退会は危険がいっぱい!安心安全に退会する方法

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…