恋活アプリwith(ウィズ)の評判・口コミからわかる危険性と安全対策!

「ステキな彼氏を見つけたい!」
「理想的な結婚相手を見つけたい!」
「運命的な出会いがしたい!」

2018年1月現在、with(ウィズ)利用者数は100万人を突破しました。まだまだ拡大のにおいがプンプンする、20代男女がメイン利用者層のwith(ウィズ)。

これから登録を考えている人にとって気がかりなのが、評判と危険性ではないでしょうか?

自信を持って言えるのはwith(ウィズ)そのものに危険性はなく、安心して使えるという点です。ただし、with(ウィズ)で出会う人たちの中に、要注意人物がいる可能性があるので注意が必要です。

口コミ・評判を参考にしてwith(ウィズ)の危険性について徹底調査しました。

with(ウィズ)の評判は?危険なマッチングアプリなの?

with(ウィズ)は危険なマッチングアプリって本当なの?

いえいえ、with(ウィズ)そのものに危険性はなく、安心して使えます。そのwith(ウィズ)、一体どんなマッチングアプリなのでしょうか?

メンタリストDaiGo監修の元で開発
1日に約3万組がマッチング成立するwith(ウィズ)。登録した情報を元にメンタリズムをベースとして、共通点からお似合いのお相手を探し出してくれます。

気の合うお相手は共通点が多いもの。その点にwith(ウィズ)はフォーカスしてぴったり&しっくりくるお相手を自動チョイスしてくれます。

with(ウィズ)最大の特徴とも言えるのがメンタリストDaiGo監修の無料相性診断。

統計学と心理学を用いた診断イベントの開催を行なっているメンタリストDaiGo。運命よりも確実というキャッチコピーに思わず惹かれてしまいませんか?

そんなメンタリストDaiGo監修のwith(ウィズ)に登録すれば誰でも無料で、潜在的に自分とぴったりの異性を紹介してもらえるでしょう。

with(ウィズ)会員だからこそ受けられる魅力的な無料特典です。興味深い相性診断なのでぜひ利用してみてください!

運営会社はどこ?危険じゃない?
株式会社イグニスという企業が運営しています。2014年には東証マザーズに上場。2010年に立ち上げられた会社で、スマホアプリの企画・制作・運営そして販売も手がけています。

with(ウィズ)の他にも、LINE大富豪など有名なアプリを制作し運営している会社です。運営会社は上場企業ですので安心して利用できると言えるでしょう。

本人確認しているから安心
18歳以上であれば誰でも利用できるwith(ウィズ)ですが、登録時には必ず本人確認が必要で、免許証やパスポートなどの写真付きの証明書があればOK。

ネットを介した異性紹介事業者に対して法律上義務づけられた審査が年齢確認で、絶対に欠かすことができません。

本人確認を含めた年齢確認を行うことで悪質な業者を排除できる可能性も高くなります。

「でも個人情報だから流出したり悪用されたりする危険性があるのでは?」そんな心配は無用です。

with(ウィズ)は信頼性の高い上場企業が運営しているマッチングアプリであり、監修はメンタリストDaiGoさん。個人情報を悪用するメリットはどこにもありません。ご安心ください。

with(ウィズ)での本人確認は簡単!

次の4つのうちどれが1枚をスマホで撮影して、画像をアップロードするだけです。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・その他書類(年金手帳など)

有料会員はクレジットカード決済だけどセキュリティは万全?
女性は無料で利用できるwith(ウィズ)ですが、男性は有料会員になることでさまざまな機能が自由に使えるようになります。

そのときにクレジットカード決済するわけですが、気になるのがカード情報を入力すること。カード決済の際には、必ずカード決済代行業務を行なっている会社を介して行われます。

with(ウィズ)では、国際セキュリティ基準の準拠証明を取得している、テレコムクレジット会社にカード決済代行業務を委託して行なっています。信頼性の高い証明書もある会社ですので、安心してクレジットカード決済が行えます。

監視体制も万全だから安心
「いいね!」を送ってお相手からも「いいね!」が来て見事マッチング成立!その後のwith(ウィズ)上でのメッセージのやり取りも、運営側ではしっかりチェックしています。

24時間365日監視体制だからいつでも安心して利用できます。もしも怪しいと感じる人物に遭遇したら、すぐに運営側に通報しましょう。24時間365日、運営側の誰かがいつも自分を見守っていてくれます。

with(ウィズ)内でたまたま知り合いに出くわして、with(ウィズ)を使っていることがバレてしまうことがあるかもしれませんが、Facebookアカウントでwith(ウィズ)に登録する場合には、Facebook上の友達にwith(ウィズ)を使っているのがバレることはないので安心してください。

with(ウィズ)でサクラや業者に出会う危険性は?

ここでサクラと業者についておさらいしましょう。

☆サクラとは
大手運営のマッチングアプリでは月額の会員制を取り入れているので、ポイント課金などを誘発する行為を行う人はまずいないのですが、昔ながらの出会い系では運営者側がユーザーを装って、ポイント課金などを行わせる人がいます。その人たちがサクラと呼ばれる存在なのです。

☆業者とは
マッチングアプリのユーザーの1人として潜んでいて、外部のサイトに誘導したり、マルチ商法でモノを買わせたりして詐欺を働く人たちのことを指します。

with(ウィズ)にはサクラや業者がいるのかというと、サクラはまずいないとみていいでしょう。大手の会社が運営していて、月額制を取り入れているのでサクラを使う必要性がないからです。

ただし、業者が問題でwith(ウィズ)では監視の目を光らせているものの時々出会うことがあります。

with(ウィズ)ユーザーには「業者がいたら通報するように」と呼びかけたり、運営側が24時間365日体制で目をキラリと光らせたりしているので、業者は少ないと言えるでしょう。

with(ウィズ)で気をつけるべき要注意/危険人物と対処法

with(ウィズ)そのものに危険性はないということはお伝えしてきている通りです。問題なのはwith(ウィズ)を利用しているユーザーの中に気をつけるべき要注意/危険人物がいるということ。

要注意人物①LINEへの移行のリクエストが速すぎる
めでたくマッチング成立となってから2人だけの時間を思う存分楽しめる、with(ウィズ)のメッセージボードでの秘密のやり取り。

「文字を通じて、時間をかけてお互いのことを知り合うツールとして利用したい!」そう思っていた矢先、マッチング当日もしくは数日後に「LINEにしようよ!」と早々にLINEリクエストをいてくるお相手がいます。こんなときは一歩退いて「危険かも」と疑ってみてください。

★口コミ・評判 業者のニオイがプンプンしました!でも真実はわかりません。
with(ウィズ)に登録して初日に出会った、女性対象の商品を扱っている会社経営者の方とマッチング。そのお相手とマッチング当日何通かメッセージを交わしたあとで、突然お相手からLINE IDの通知が届きびっくり。
事情を聞くと「あまりにも多くの女性からいいね!をもらうため、しばらくアプリそのものの利用を避けたい」そう言われました。
真実はわかりませんが、わたしが出した結論はLINEをしないという選択でした。LINEで繋がったら、その方から商品の紹介があって購入を迫られる可能性も考えられたからです。
LINE申請があった段階で、もうその方と接点を持ちたくなかったので、思い切ってwith(ウィズ)のブロック機能を使って関係を断ち切りました。

with(ウィズ)でのメッセージのやり取りとなると、アプリを立ち上げるなどの手間がかかったり、お相手に送るメッセージ内容の監視が入ったりして、それを面倒だと感じる人もLINE申請を早々にしてくることもあります。

LINEへの移行リクエストをしてくるタイミングは人それぞれなのですが、お相手にはLINE申請の時期を考え、対応してもらえるとありがたいなと思わずにいられません。

LINE申請があって、もしもそのときに口コミ・評判の女性のように違和感があったなら、ブロックしても差し支えないでしょう。

ここでwith(ウィズ)のブロックに関することはこちらの記事を参考にどうぞ

要注意人物②「すぐに会おうよ」コールをしてくる
マッチングしてまだ2日目足らずで「会おうよ」と誘ってくる人も中にはいます。まだ知り合ってお互いのことをよく知らないというのに、会おうだなんて危険な香りがプンプンしませんか?

もし、自分自身がマッチング後すぐにお相手と会ってもいいと思っているのなら応じてもいいでしょう。

実際に会ったほうが手っ取り早くお互いのことがわかりますし、どんな雰囲気のある人なのか、見た目、服の趣味、食事の仕方、声のトーン、話し方など五感をフルに活用して感じるものがあるのは事実だからです。

ただし、気をつけないといけないのが「すぐに会おうよ」と言ってくるお相手の中には、単に体目的の人もいるということ。その点を見極めるのも自分。そのため会うか会わないかは、ある程度時間をかけて考えた上で決断するのをおすすめします。

自ら自分の身をあえて危険にさらす必要なんてどこにもありませんから!

要注意人物③やたらとメッセージを発信してくる
「さみしいな~誰か構ってくれないかな」なんて思って生きている人もいます。そんな人に多いのが、LINEなどのSNS依存症。やたらとメッセージを発信してきます。

with(ウィズ)でやり取りしているお相手から、1日のロングメッセージの数が10通以上あったら危険を感じてかもしれません。自分ならどうですか?

「関係を断ち切りたいな……」そう思ったら迷わずwith(ウィズ)のブロック機能を活用しましょう。

★口コミ・評判 なかなか既読にならないと不安になると言われました
with(ウィズ)でマッチングしたある人とは現在、恋人関係にあります。with(ウィズ)のメッセージボードは卒業して、LINEを使っています。
わたしは仕事が忙しく、LINEをするのはいつも休憩中のみ。彼からしたら既読がなかなかつかないのが不満なのだそうです。
彼には即既読にならない理由はしっかり話してあるのですが、どうやらSNS依存症みたいで困っています。

要注意人物④ハイスペックな人
イケメンで高収入、高学歴など全ての条件においてパーフェクト!理想的なハイスペックな人とマッチングできることもあります。

普段の何気ない生活環境ではまず出会えないハイスペックな人。だからこそつい甘さが出たり、警戒心が薄れてしまったりする人もいるのではないでしょうか?

ハイスペックな人を相手にするときほど要注意!

ハイスペックな人は自分がモテることを知っているので、女性の扱いに慣れている人が多かったり、意外にも業者であったりすることもあります。

女性ならイケメン、男性なら美女には注意したほうがいいかもしれません。

要注意人物⑤写真のリクエストが多い人
with(ウィズ)で顔写真や全体像のわかる写真を載せるのに抵抗感のある人がよくするのは、自己紹介文の中で、「仕事柄、顔写真の掲載は控えさせていただいています。もしマッチングして仲良くなれたら、その時に送ります。」そんな類の一言を添えているはず。

マッチング後にお相手から申請があって写真を送ることとなるか自己判断で送ることとなるかはケースバイケースです。

★口コミ・評判 「今日の〇〇(わたしのニックネーム)の写真送って」と毎日のように言われてうんざり。
with(ウィズ)で運命的な出会いを果たした彼とわたし。その彼なのですが、毎日のように「今日の〇〇(わたしのニックネーム)の写真送って」とLINEで言ってきます。
写真1枚自撮りするにも場所選びを含めて考えることが多く、時間もかかって大変!そんなことを知らずに毎日のようにリクエストされます。
正直うんざり。面倒だから別れようかな…。

with(ウィズ)で出会う前の安全対策3つ

with(ウィズ)を使って自分の身に危険が及ばないように、いつも程よい緊張感を持って利用することが大切なのです。

①基本的に顔写真を載せていない人には警戒して近づく
withアプリでは女性だけでなく男性でも顔写真を掲載していない人は多くいます。

「仕事柄顔を出せない」
「顔に自信がないから公開できない」
「現在、公開できるような写真を持ち合わせていない」

など理由はさまざまです。中には業者で顔が出せないという人もいるかもしれません。

「なぜ顔写真を公開していないのか」個々によって理由が違うので、顔写真の掲載のない人=要注意人物と断言できませんが、警戒心を持って近づくのは全く悪いことではないので心配しないでください。

顔写真の掲載がなく、それでも気になるなら自己紹介文をチェックしてみましょう。そこに詳細にいろいろと自分自身のことを語っているなら、「いいね!」を送って近づいてもいいかもしれません。

しかし、一言二言で済ませているなら注意が必要です。文面からお相手の人となりが見えることもあるのです。頭の良い人かどうかということも。

②自宅や勤務先など個人のことがバレないようにする
with(ウィズ)のようなマッチングアプリなどで、個人が特定されるような情報提供はまずしない方がいいでしょう。

マッチング後のメッセージのやり取りもしかり。「人を簡単に信用しない」という精神でいた方が、自分を守れるのでおすすめなのです。

自宅や勤務先などの個人に関わる情報提供は、出会って間もないお相手ならなおさらそう簡単に開示してはいけません。

③「いいね!」のお返しはよく考えた上でする
with(ウィズ)を使うにあたって、自分の身を危険にさらさない方法の1つに「いいね!」をしてもらったら、考えなしに「いいね!」のお返しをしないようにしましょう。

マッチング率をアップさせることはできますが、単にそれだけのこと。せいぜい3~5人とのメッセージのやり取りがMAX。それ以上多くの人とメッセージのやり取りをするのは、時間と労力を多く使うこととなり大変なのです。

マッチングするかどうかは、次のことを自問自答してから決めてはいかがでしょうか?

「マッチングしてから本当にそのお相手男性とメッセージのやり取りをしたいの?」
「そのお相手のことをもっと知りたいと思っているの?」
「いずれデートしてみたいと思う相手なの?」

with(ウィズ)で出会う時の安全対策3つ

with(ウィズ)でマッチングしてから意気投合!デートする段階までくるとウキウキ&ワクワクしますね。でもちょっと待って!浮かれてばかりいないで、危険を回避するためのポイントだけは、しっかり押さえておきましょう。

①個室や密室では会わない
with(ウィズ)で知り合ったお相手と初デートのときはもちろん、信頼のおける人なのかどうかがはっきりするまでの間は、個室や密室となる場所では会わないようにしましょう。ドライブデートも同様です。

メッセージのやり取りをしていたとしても、初デートでは初対面。飲食店やカフェなど多くの人が利用する場所をあえて選びます。たとえ、お相手の男性が個室や密室をリクエストしてきたといても、決してそれに応じてはいけません。

②「今度友だちを紹介するよ」の一言に注意
「実際に会うまでは勧誘目的だったなんて知らなかった」という人もたまにいます。たまたま、with(ウィズ)で知り合ったステキなお相手が、マルチ商法の業者だった…、宗教の勧誘が目的だった…なんていうことが会ったときに発覚するケースは決してないとは言い切れません。

with(ウィズ)を使っているときに見抜ければいいのですが、話題に上がらないとわからないので、難しいところです。

「今度友だちを紹介するよ」の一言にも要注意!警戒して損はありません。

③体目的のユーザーなのかどうか見極める
with(ウィズ)を使っていて、体目的の人なのかどうかが瞬時で見極められたらどれほどいいでしょうか?

実体験したのですが、自己紹介文の中で体目的なのかどうかを匂わせている人もいます。

「数年前に彼女と別れてから心も体も冷え切っています。ステキな女性と交際して、僕の心も体も両方ともに満たしてほしいなと思っています。」

こんな文面を掲載している人もいました。ごく一般的な男性のように思いますが、マッチングしてその当日に「会わなきゃわからないことってたくさんあるから、すぐにでも会おうよ」と即デートの申込がありました。

もちろんこちらはやんわりとNOの返事で返し、即ブロックしましたね。

「会わなきゃわからないことがある」のは本当のことですが、まだ全く相手のことがわからないというのに、知らない相手にすぐに会うというのは危険が伴うだけなので、充分注意が必要です。

with(ウィズ)で危険人物に近づくことなくステキな出会いを!

案外、写真や自己紹介文の内容から、その人に近づいてもいいかどうかがわかるような気がします。

たくさんの「いいね!」をもらったり、こちらから「いいね!」をしてお相手とマッチングできたりすると、どうしても嬉しい気持ちが先だって気持ちまで浮ついてしまう。

しかし、自分が出会う全ての人に危険を感じないかというと、そうでないことがあります。少しだけ危険を感じる場合でも、自分の直感を信じて接点を持つのを止める勇気も時には必要です。

言葉を巧みに利用して、こちらの気を惹くお相手もいるので、マッチングしたことで有頂天に上ることなく、いつも冷静に対応しましょう。

アプリそのものに危険性はなく、監視体制バッチリの安心&安全に使えるwith(ウィズ)で、危険を感じる人には近づくことなく、ステキな出会いを見つけてください。

with(ウィズ)の公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
無料ダウンロードする

関連記事

  1. ペアーズのアプリを後悔する事なく、安心・安全に削除する方法

  2. Omiaiで成功体験をした男性から学ぶ成功のための秘訣!

  3. Omiaiが知り合いにバレた!?絶対にバレないようにする方法!

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. Omiaiのプロフィール写真【メイン・サブ】の撮り方・選び方のコツ!

  2. Omiaiはプロフィール非公開にすれば身バレしない!無料で使えるから…

  3. Omiaiの星マークの意味って何?どんな時に使う機能?

  4. Omiaiのプレミアムパックっている?機能詳細・料金・解約方法を解説!

  5. withのポイントでできることとポイントを貯める3つのコツ

  6. withのVIP専用プランは入る価値あり?余裕があれば断然入るべき!

  7. Omiaiの年齢確認は絶対必要?個人情報は悪用されたりしない?

  8. マッチングアプリwith(ウィズ)の最短で出会うための攻略必勝テクニ…

  9. 婚活中の人必見!ブライダルネットとゼクシィ縁結びを徹底比較!

  10. 【徹底比較】Match(マッチ・ドットコム)とゼクシィ縁結びについて詳…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…