withでブロックしたら/されたらバレる?解除はできるの?

人気恋活アプリwithで理想のお相手探しをしている最中、毎日のように足あとをつけていく気味の悪い男性の存在。

まるでネット版のストーカーのような足あとを毎日のようにつけていく男性。マッチングしたもののメッセージのやり取りに何かしらの違和感がある男性。

そんな人たちとの関わりをスパッと絶ちたいならwithのブロック機能が大いに役立つこと間違いありません。

もうこれから先、メッセージのやり取りをしたくない人や不快感のある人、いつも足あとを頻繁につけていく気味の悪い人など、一切の関係を断ち切りたいと考えている相手に対して使えるwithのブロック機能は便利です。

簡単にできるネット版の自己防衛システムといったところでしょうか。

今回はwithでブロック機能を使ったらどうなるのか、お相手にはブロックしていることがバレてしまうのかなど、ブロック機能に関する情報を徹底解説してきます。

withでブロックしたら/されたらどうなる?

もしも、withでブロックしたら、次のような状態になります。

・スパッと足あと履歴からお互いの情報が消えてしまう
・マッチング後のメッセージのやり取り全てが消えて見られなくなる
・メッセージの送受信ができなくなる
・お互いのページが見られなくなる

逆にwithでブロックされたときも上と同じことが起きます。

withのブロック機能はLINEと似ていますが、LINEの場合にはこちらから相手をブロックして表示できないようにしても、相手のLINE画面にはこちらのアカウントは残ったまま。また、過去のやり取りしたトーク内容は相手が削除しない限りそのまま残ることとなってしまいます。

ブロックした相手からこちらへのメッセージ送信やLINEの電話はできますが、ずっと既読表示であり、電話は呼出音が鳴りっぱなしといった状況となります。

LINEのブロック機能でもwithと同じようなことができると安心感に繋がると思うのはわたしだけでしょうか?

「もう関係を絶ちたい!」そう思った相手にこちらとのやり取りの形跡を残すことなく、全てをリセットしたいものです。

withを含むマッチングアプリのブロック機能では「嫌だな」「もう接点を持ちたくないな」と思った相手とはお互いのページすら見ることができなくなり、どうあがいてもアクセス不可。

これまでの関係を一切断ち切れるので安心&優秀だといえるでしょう。

withでブロックしたら相手にはどう表示される?

withでブロックしたときのブロックされた側からの表示、気になりますよね。マッチング前であれば、足あとやお気に入りなどのお相手の履歴からこちらの表示がされなくなります。

また、お相手が検索機能を使ってもこちらのページが表示されません。これはマッチング後であっても同じです。

こちらとやり取りしたトーク履歴や足あと履歴などは一切消えてなくなります。つまり、一度withでブロックした場合には、絶対にお相手がこちらを見つけることができなくなるというわけなのです。

また、マッチング前であっても後であっても、お相手にはブロックされているという通知がいくことはありません。

お相手が「あれ?おかしいな」と思うのはメッセージを送ろうと思ったときや、こちらの個別ページを見ようと思ったときです。そのときに勘の鋭い人なら「ブロックされたかも」と気づくかもしれません。

しかし、確実にブロックされたのかどうかというのは、withでは見極め方法がないので安心してください。

withの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
まずはカンタン無料登録

これってブロックされてる?withのブロック確認方法

では、逆にブロックされてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

先ほど言った通り、withではブロックの見極め方法がないので感じ取ることでしか判断ができません。

「メッセージのやり取りをしていたお相手が突如退会表示された」
「気になって毎日のように足跡を残していたらある日、突然退会表示された」

そんなとき思うのが「ブロックされたかも」です。しかし、withは見極め方法がないのでブロックをされたかどうかをしっかり確認する術がありません。

ただし、次の3つの点に当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

3つともに当てはまれば、残念ですがブロックされた可能性が高いと考えていいでしょう。

<ブロックされたかどうかがわかるチェックポイント>
□足あとの履歴からお相手が消えている
□お相手とやり取りしたメッセージ履歴が残っていない
□こちらの「いいね!」履歴にお相手がいない

withのブロック方法を解説!

それでは早速、関係を絶ちたい人に対してブロック機能を使ってみましょう。

メッセージ中のブロック方法

withでメッセージ中に話した内容で不快感や違和感が出てくることがあります。

「もう話したくない」「関係を絶とう」と思ったら、メッセージ画面から即ブロックしてしまいましょう。方法は簡単です。

①トーク画面右上の「・・・」ボタンをタップ
②出てきたボックス内の「ブロックする」をタップ
③「ブロックしてもよろしいですか?」のメッセージボードが出るので「ブロックする」を選択
④「ブロックしました」の表示が出ればブロック完了

メッセージ一覧からのブロック方法

マッチングしたお相手がズラリと並ぶメッセージ一覧からのブロックも、メッセージ中のブロック方法と同じように簡単にできてしまいます。

①withアプリのメッセージ一覧を開く
②ブロックしたい相手を見つけたら左にスワイプ
③「ブロックしてもよろしいですか?」のメッセージボードが出るので「ブロックする」を選択
④「ブロックしました」の表示が出ればブロック完了

マッチング前のブロック方法

ストーカーチックで日々足あとをつけていく人も容赦なくwithの機能で完全ブロックして自己防衛しましょう。

もちろんこのブロック方法は、現時点でマッチングしているお相手にも使える方法です。

①ブロックしたい人の個別ページにアクセス
②右上の「・・・」ボタンをタップ
③ブロックするor非表示にするなどの選択肢があるので「ブロックする」を選ぶ
④「ブロックしました」の表示が出ればブロック完了

withの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
まずはカンタン無料登録

withのブロックは解除できる?できない?

ズバリ結論から伝えると、withでブロックすると2度とブロック解除ができません。

「withで知り合って仲良くなった人を間違ってブロックしてしまって、連絡を取りたくてもどうにもこうにも取れなくなってしまった」なんていう友だちがいます。運営側に問い合わせてみたものの「システム上できない」とすんなり断られてしまいました。

そんな事例もあるので、くれぐれもwithでブロック機能を使うときには、最終画面でしっかりとお相手のニックネームのチェックをお忘れなく!

ただし、どうしても出会った人との関係を取り戻したいのなら、1度withを退会し改めて登録し直します。

そして、検索機能をフル活用して見つけ出すという手段を取ってもいいでしょう。タイミングや運、ご縁なども良い方向に絡めば、もしかしたらお相手を見つけ出せるかもしれません。

withのブロックと非表示の違い

withでは不快なお相手を撃退する強烈な方法としてブロック機能があり、もう1つ柔らかな方法として非表示機能があります。

自分で不快なお相手の表示を非表示にすることで、こちらからは見られなくなります。

しかし、お相手からはこちらのページが見えます。この点がブロック機能と大きな違いです。ここで改めて、ブロック機能と非表示機能の違いを下の表で確認しましょう。

ブロック 非表示
解除 できない できる
お相手の表示状態 見えない 見える
自分の表示状態 見えない 見えない
お相手→自分へのコンタクト 取れない メッセージの送信可能
自分→お相手へのコンタクト 取れない 取れない
その他 足あと履歴やメッセージ履歴などあらゆる関わりを見ることができない お相手からは自分の個別ページは自由に見ることができる

非表示はどんなときに使えばいい?

・ある特定の人からのメッセージが多すぎて処理できない
・マッチングしたのに、なんだか話がいつも盛り上がらない。
・ブロックしたいけれど、何だか悪いような気がするから非表示にしておこう

自分の個別ページを見られても問題ないけれど、自分から相手のページは見たくないな……と思うときに使う方法、非表示機能。別名やんわりブロックとでもいいましょうか。

非表示の方法

withでの非表示設定の仕方はブロック機能の仕方とほぼ同じです。

①個別ページ右上の「・・・」をタップ
②ブロックするor非表示にするなどの選択肢があるので「非表示する」を選ぶ
③「非表示しました」の表示が出れば非表示完了

非表示の解除はできる?

結論をさきに言うと、withの非表示設定の場合には解除できます。

やんわりブロックだけあって解除も可能です。解除方法は次の通りです。

①マイページにアクセス
②「非表示・ブロック」ボタンをタップ
③非表示ユーザー管理に進み「非表示を解除」のボタンをタップ

withの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
まずはカンタン無料登録

なんで?withでブロックされる理由5つ

自分がお相手の男性をブロックしたくなる理由と自分がブロックされる場合の理由はほぼ一致します。

メッセージの内容がいつも自分のことばかり

「ブロックされる理由にこれあるある!」と思わず叫びたくなるのが、メッセージの内容がいつも自分のことばかりでつまらないという理由です。

相手のことに関心をもった質問もなければ、単に自分の一方的な経験談だけを語る。そんなメッセージに誰が魅力を感じるでしょうか?

質問攻めで疲れる

メッセージのやり取りがスタートしてから、お相手からの質問攻めにあって疲れ果ててしまうこともあります。尋問されているような錯覚に陥ってしまうため、リアルデートはしたくないとまで思ってしまうかもしれません。

質問ばかりで答えるのがイヤとなれば、ブロックでしょう。

コミュニケーションが受け身過ぎ

お相手からの質問にひたすら答えているだけ……そんなことはありませんか?

ブロックや非表示されてしまう人の30~40%があてはまる理由が、コミュニケーションが受け身過ぎだということです。お相手からの質問にひたすら答えるのではなく、自分からも積極的にお相手に質問しましょう。

どんな人なのかを知る努力をすることで、お相手にもそれが伝わり関心度がアップしてくるはずです。

もっと魅力的な人が現われた

メッセージのやり取りをしばらくしていて「きっとこの先お付き合いすることになるだろうな」なんて思っていた矢先に、もっと魅力的な心惹かれる人との出会いを実現してしまった。

そんなときにもブロックや非表示機能が使われることがあります。

ストーカーのように毎日足あとを残していく

自分のことに興味関心を持ってくれていて、ある意味ラブコールという解釈もできる足あと。

しかし、それが毎日となると気味悪さの方が全面に出てきてしまい、自分の個別ページにアクセスしてほしくないとまで感じるようになります。

withのブロック機能まとめ

「もう連絡を取りたくない」
「自分と関わってほしくない」

そう思った相手との関係を、一切クリアにしてくれる優秀な機能、それがwithのブロック機能です。

初対面前でリアルな交際をスタートしていない状況で、自分の自宅住所や電話番号、LINE IDなど個人情報をお相手に伝えていない段階であれば、withのブロック機能を使うことで安心感が生まれます。

また、リアルなストーカーであれば、回避するのはなかなか困難ですが、with内のストーカーまがいな人の回避であれば、withのブロック機能で対処できます。

「withを使うことでご縁があったから出会った」のは事実ですが、それに惑わされてはいけません。

よくよく考えて「関係を切りたい」と思ったら、勇気を出してwithのブロック機能を使うことをおすすめします!

毎日ハッピーで穏やかに過ごすためにも、withのブロック機能を有効活用していってみてはいかがでしょうか?

withの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
まずはカンタン無料登録

関連記事

  1. withでいいねが来ない人必見!男女別平均いいね数と増やすコツ

  2. withの性格診断が意外と当たって面白い!恋活と併用で楽しめる!

  3. withのメッセージ攻略法!続かない人必見!コツと送り方

  4. with料金をまとめて解説!無料会員と有料会員ができること

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. aocca(アオッカ)の口コミ・評価・料金を徹底調査!実際に試してみた

  2. ゼクシィ縁結びとブライダルネットを実際に使って徹底調査しました!

  3. ゼクシィ縁結びとMatch(マッチ・ドットコム)はどっちが結婚に向いて…

  4. withの性格診断が意外と当たって面白い!恋活と併用で楽しめる!

  5. Omiaiで何したらイエローカードがつくの?相手についてたら連絡は控…

  6. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  7. withでブロックしたら/されたらバレる?解除はできるの?

  8. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  9. ゼクシィ縁結びの料金は男女同一!料金表や無料・有料の違いを徹底解…

  10. CROSS ME(クロスミー)のすれ違い機能ってどれくらいの距離や範囲で…

  1. マッチングアプリで会うまでの期間と初めて会う時の心構え

    2017.12.08

  2. ペアーズ・Omiai・タップル誕生の日本3大アプリを徹底比較!

    2017.09.12

  3. ペアーズ体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で彼氏がで…

    2017.07.03