Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)の主要6項目を徹底比較!

ここ数年で、ネット婚活する人の割合は急上昇しています。そして、ネットで結婚相手を探すことをサポートするのが「婚活アプリ」です。

婚活アプリは現在、数多く存在しており、どのアプリも、「基本無料」で使うことができるので、良心的な婚活アプリが多いと言われています。

今回は、その中でも特に話題性の高い「Pairs(ペアーズ)」と「with(ウィズ)」の2つについて、徹底的に比較していきたいと思います。

《Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)比較》ペアーズってどんなアプリ?

Pairs(ペアーズ)は、累計会員数800万人を超える、日本最大級のマッチングアプリです。

pairs3

「フェイスブックを利用した恋愛・婚活マッチングサービス」をキャッチフレーズにしており、フェイスブックと連携した婚活アプリとして有名です。

Pairs(ペアーズ)は、会員数の多さから、必然的の理想の相手に出会える可能性が高くなっており、マッチング数は4000万組となっています。かなり凄い数字なので、あまり実感が沸きませんが、とにかく数多くの男女が出会える場として重宝されているのです。

Pairs(ペアーズ)は、その機能性やサイトの可愛らしさなどから、女性に人気のあるアプリとしても有名です。機能性に関しては、検索機能がより詳しい内容まで選択できるようになっています。

例えば、身長・体重などの基本項目から、結婚の意思・タバコの有無など、かなり細かい項目まで選択することで、相手を絞っていくことが可能になっています。

マッチングする前に、ある程度希望に沿った相手と出会うことで、効率的に婚活を進めていくいくことが可能です。

また、Pairs(ペアーズ)では3万ほどのコミュニティが存在しており、どれもユーザーに人気のあるコミュニティばかりです。そのコミュニティに参加することで、お互いの価値観が合ったり、趣味が合致した男女が出会うことができます。

ですので、その後マッチングしやすいことも魅力の1つです。

また、Pairs(ペアーズ)はフェイスブックと連動しており、その安全性が話題となっています。フェイスブックは実名制となっていますので、業者などが登録しづらいようになっています。

ましてや「フェイスブックで友達10人以上いること」が条件になっていますので、ダブルチェックでよりサクラが侵入しづらい状態と言えます。

これには、サイト側が不審者を絶対に入れないという強い意気込みが感じられます。実際にサクラに遭ったことがないという、口コミも多く寄せられています。

また、フェイスブックの情報を利用しているとは言え、友人や知り合いにバレるということは一切ありません。フェイスブックに投稿されることも絶対にありません。

また、婚活を始めたことがフェイスブックの友達に知られたり、友達と婚活サイト内で会うことも絶対にありません。フェイスブックの友達は、例え同じ婚活サイトでお互い活動していても、ブロック機能が働き、検索しても出会えないようになっているからです。

これは、アプリを開発した人にも確認済となっています。

また、Pairs(ペアーズ)は「真剣に結婚をしたい」というよりは、「素敵な恋活をしたい」男女が集まっており、年齢層も20代が中心の若いマッチングサイトとなっています。

Pairs(ペアーズ)は、若い人達が流動的に出入りしている活気が常に盛り上がっている雰囲気を作っているといえるでしょう。


日本最大級の恋活アプリで安心安全に恋活しよう♩
Pairs(ペアーズ)をためしてみる

《Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)》withって?

with(ウィズ)は、2015年からサービス開始した、比較的新しいサイトとなっています。しかしながら、その人気ぶりは勢いがあり、現在2年目にして、会員数50万人となっています。

with(ウィズ)は、有名人のDaigoがメンタリストとしてサイトを監修していることもあり、有名な婚活アプリとして、話題を呼んでいます。

最近は、女性ウケするようなお洒落なCMが話題を呼んでおり、20代の若い世代から圧倒的な支持を得ています。Pairs(ペアーズ)と同じく、「恋愛志向」な若者が多く集う人気のサイトです。

また、with(ウィズ)は、サイトが非常に使いやすい仕様になっており、個性的なサービスが多いとも言われています。

特に、Daigo監修の「性格診断」が話題を呼んでおり、大変有名です。10個の質問に答えることによって、あなたの性格が分析されます。その結果をもとに、気が合いそうな男性を紹介してもらえるので、マッチングしやすいのが特徴と言えます。

相手のプロフィールを検索すると、「相手との共通点が〇個あるよ」というようにプロフィールの右上に数字が表示されます。

共通点の内容は、「血液型」「出身地」などの基本項目から、「イヌ派」「旅行が好き」などといったものまで表示されますので、マッチング後にこれをもとに、会話をすることができます。

ですので、初めての相手でも話題に困ることなく会話が弾みます。

また、Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能と似ていますが、with(ウィズ)には「グループ機能」というものがあります。

with(ウィズ)は会員数がまだPairs(ペアーズ)に比べて少ないので、グループも「アットホームな雰囲気」だったり、「少人数なので親近感が沸きやすい」というメリットがあります。

あまり、大人数が好きではない人でもこれなら気軽に参加できそうです。また、自分の作ったグループに参加してくれる人がいると嬉しいですしやりがいがあります。

他にも、メンタリストDaigoの「恋愛心理学講座」の動画を見ることができるのも面白いです。

例えば、「本当の笑顔を見抜く方法」「目線から相手の嘘を見抜く方法」など、様々な心理学の知識がたくさん載っています。これを見ているだけでも、恋愛がちょっと得意になった気がしそうです。

しかも、全部無料なので、良心的といえるでしょう。

メンタリストDaigoの心理テストがすごすぎ!!
TVでみたあの心理テストが体験できます♩

↓メンタリストDaigoの心理テストはこちらから↓
>> 男性はこちら
>> 女性はこちら

Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)を徹底比較

➀登録者数

マッチングサイトにおいて、登録者数はそのサイトを評価する大事な指標です。会員数が多ければおおいほど、マッチする確率は高く、理想の相手を見つけやすいとされています。

まず、Pairs(ペアーズ)ですが570万人とされており、日本で最も会員数が多いマッチングサイトです。それに対してwith(ウィズ)は、会員数50万人となっています。単純にPairs(ペアーズ)の圧勝であることが分かります。

では次に、会員数を運営年数で比較してみましょう。

Pairs(ペアーズ)は、5年で570万人となっており、1年あたり約100万人が登録していることになります。それに対してwith(ウィズ)は、サービス開始から約2年ですので1年あたり約25万人が登録していることになります。

これを見てもPairs(ペアーズ)が圧勝となります。しかし、Pairs(ペアーズ)があまりに凄すぎて、with(ウィズ)はたいしたことないように見えますが、50万人はマッチングサイトではかなり多いほうだと思います。

Pairs(ペアーズ)は登録者数ではピカイチですが、with(ウィズ)もDaigoが監修していたり、話題性に富んだアプリなので、今後ますます期待されることでしょう。

➁ユーザー層

Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)は、どちらも「20代」が中心の比較的若い人が多いアプリとなっています。その中でも、どちらも登録した人の口コミでは、「どちらかと言えば、with(ウィズ)の方が年齢層が若い」ようです。

with(ウィズ)は、Daigoがメンタリストとして監修している相性占いなどのコンテンツが話題性を読んでおり、それを目的にした人の登録が多いとのことです。

そのために、他のアプリの比べて、男女ともに「占いが好き」な人が多いようです。また、アプリの話題性からも、若い男女が集まりやすいといえます。

それに対してPairs(ペアーズ)は、「会員数が多くて、出会いが多そう」だからという理由で登録している人が多いようです。どちらも、若いユーザーで賑わっているサイトであるということは間違いないです。

➂料金で比較

次に、料金について比べてみましょう。Pairs(ペアーズ)もwith(ウィズ)も「女性無料」となっており、女性にとって有り難いサイトです。

ですので、比較は「男性の料金」となります。ちなみに、男性は、「登録とマッチングまでは無料」ですので、「マッチング後のメッセージのやり取り」からが有料料金となります。

《クレジットカード決済の場合》

★1ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥2980 vs with(ウィズ)¥2800

★3ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥2860  vs with(ウィズ)¥2600

★6ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥2380  vs with(ウィズ)¥2300

★12ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥1898  vs with(ウィズ)¥1800

《Apple ID決済の場合》

★1ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥4100 vs with(ウィズ)¥3400

★3ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥3933  vs with(ウィズ)¥2940

★6ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥3133  vs with(ウィズ)¥2800

★12ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥2483  vs with(ウィズ)¥2070

《Google Play決済の場合》

★1ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ)¥3000 vs with(ウィズ)¥3400

★3ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ):なし  vs with(ウィズ)¥3000

★6ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ):なし  vs with(ウィズ)¥2800

★12ヶ月プラン→Pairs(ペアーズ):なし  vs with(ウィズ)¥2000

クレジットカード決済の場合は、with(ウィズ)の方が若干安いにせよ、Pairs(ペアーズ)もwith(ウィズ)も同じ位の料金設定となっています。

しかし、Apple ID決済の場合、Pairs(ペアーズ)は手数料がたっぷり取られてしまうので、かなり割高になります。もしアプリ決済をする場合は、with(ウィズ)の方がお安くなります

④恋活における真面目度

どちらかと言えば、Pairs(ペアーズ)の方が真面目に相手探しをしている人が多い印象を受けます。

with(ウィズ)は、気軽に恋人を探したり、同年代の異性と仲良くなるのを目的としている人がほとんどで、結婚を意識しているような人はほとんどいないと思われます。

それに対してPairs(ペアーズ)は、with(ウィズ)と同じように気軽に恋人探しをしている人も多いですが、少なからず、結婚を意識した「婚活」として利用している人もいます。

どちらも20代の男女が中心となっている若いサイトですが、特にウィズの方が若くて今風の子が多いようです。それに比べてPairs(ペアーズ)は、年齢層は変わらないものの落ち着いた会員層が多いような印象を受けます。

Pairs(ペアーズ)は「真面目に恋人探し」with(ウィズ)は「気軽に異性と出会いたい」人向けではないでしょうか。

⑤運営会社を比較

Pairs(ペアーズ)は、「エウレカ」という大手企業が運営しています。エウレカは、2009年に企業したばかりの、新しい企業となっています。

現在は代表を降りていますが、創業者の赤坂氏は、かなりの有名人です。25歳という若さで事業を始めたこともかなり凄いことです。様々なメディアで紹介されており、その実績が高く評価されています。

また、エウレカは、現在はIACの子会社になっています。このIACは、婚活サイトで世界的に有名なマッチドットコムを運営している会社です。

この「マッチドットコム」は、世界25ヶ国、1500万人以上が登録しているという世界一の婚活サイトです。日本でも200万人以上の登録者がおり、今後ますます期待される婚活サイトとなっています。

これに対しwith(ウィズ)は、「株式会社イグニス」という会社が運営しています。このイグニスは、2010年から設立し主にスマートフォン向けアプリを制作・運営している会社です。

代表的なアプリは、「妄想電話」「だーぱんシリーズ」「節電♪長持ちバッテリー」などがあります。イグニスは、代表に2人が在籍しそのうち一人はエンジニア出身として会社の代表権限を持っています。

これは、「エンジニアが真にパフォーマンスを発揮できる環境を創る」ことができるように、「エンジニアのことを100%理解し経営の最終判断ができる代表」を置いているという会社のポリシーであるそうです。

運営会社は、両者ともに信頼度の高い企業が運営していますので、安心して利用することができます。

⑥その他比較

Pairs(ペアーズ)は、コミュニティ機能が充実していると言われており、実に3万を超える種類のコミュニティが存在します。

かなり細かい種類に分けられているので、ご自身の趣味や細かい嗜好から、より自分に近い人たちとつながることが可能になります。そこから、より価値観の合う異性と出会うことができますので、より理想に近い相手探しができるようになります。

また、with(ウィズ)はDaigo監修の「診断系システム」が話題を呼んでいます。

そしてアプリ内で月に数回開催されるという「相性診断イベント」から、あなた自身の好みや性格を判断し、相性が良いと思われるお相手を紹介されます。

こういった、独自の診断が、ユーザーの中で評判となっており、着々と利用者が増えています。

Pairs(ペアーズ)もwith(ウィズ)もおすすめ!

今回は、「Pairs(ペアーズ)」と「with(ウィズ)」について比較してきました。多少の差はあれども、両者ともに、それぞれの特徴や良いところがあり、一概にどちらが勝っているとも言えません。

マッチングサイトに登録者が増える条件として、「会員数が多い」「サクラが少ない」「セキュリティがしっかりしている」「コミュニティ機能あり」「アプリの機能が使いやすい」という項目があります。

Pairs(ペアーズ)もwith(ウィズ)も、両者ともに、上記の項目を見たしていますので、出会える条件がかなり揃った優良アプリであると言えます。また、Pairs(ペアーズ)もwith(ウィズ)も、登録とマッチングまでは無料となっています。

2つのアプリを利用してみることで、ご自身でそれぞれの使い勝手を確かめてみて下さい。ぜひ試しに無料で登録してみてはいかがでしょうか。


メンタリストDaigoの心理テストが面白すぎ!!
with(ウィズ)をためしてみる

関連記事

  1. 【男女別】omiaiの料金プランを詳しく解説!結局いくら?

  2. ペアーズでストーカーに遭わない為の4つの対策とは!?

  3. Match(マッチ・ドットコム)の評判は本当?恋愛経験0の私が実際に試してみた!

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ・ブライダルネット・Match(マッチ・ドットコム)を徹底比較!…

  2. タップル誕生・ゼクシィ恋結び・イヴイヴを徹底比較!出会えるアプリ…

  3. タップル誕生?with?出会えるアプリはどちらか徹底比較!

  4. マリッシュユーザーの口コミ・評判まとめ!本当に出会える?

  5. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  6. 人気アプリwith(ウィズ)でブロックしたらバレる?されたらわかる?…

  7. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  8. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  9. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  10. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…