ペアーズで「怪しいかも?」と思ったら業者を疑おう!

Pairs(ペアーズ)

国内最大級600万人!サクラゼロ!
安心安全に理想のお相手を見つけよう!
真面目なパートナー探しならPairs(ペアーズ)♩

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

ペアーズでお相手を検索したり、マッチングするとメッセージのやりとりをしたりしていると「何かこの人怪しいな・・・。」と思ったことはないでしょうか。

pairs1

会話が噛み合っていなかったり、本当に恋人探しが目的なんだろうか、という人であったり。実はその人はもしかすると業者といって、あなたから金銭を騙しとろうとする輩かもしれません!

今回はそんな業者の存在とどう気をつければ良いのかについてお伝えしていきます。

ペアーズで怪しいのは業者の存在

Facebookを使った認証などで厳重な入会審査をしているのでペアーズには一見業者はいないように思われますが、実際のところ業者は少ないですが存在しています。

実際、ペアーズは運営スタッフがきっちりと監視しているため不審ユーザーを見つけた場合は強制退会といった対応をしてくれているのですがそれでも見逃してしまう場合もあります。

そういった業者に騙されないためにも特徴を抑えて、事前に対策しておきましょう。また、業者というとセットで気になる点が“サクラもいるのか”ということかと思いますが、そちらに関しては心配ありません。

ペアーズにいる怪しい業者の特徴は?

ペアーズで絡んでくる業者について軽く触れましたが、必要以上に不安になることはありません。なぜかというとそういった業者はいくつも特徴があるので比較的見分けやすいからです。

それらを主につのポイントにまとめましたので予め把握しておきましょう。

プロフィール写真が美形すぎる

最も見分けやすい点がこのプロフィール画像で、業者の写真は男性・女性会員でもかなりのイケメンであったり、美人である場合がほとんどです。

それも芸能人やモデル級に美形ですので、パッと見で「イケメン!(or美人)と」わかるくらいのレベルです。

ただ、それだけのルックスであれば日常生活でもモテてしょうがないでしょうから、そもそもこういったアプリを使う必要はないでしょう。

そういったルックス面に加えて、プロフィールの写真が自撮りのみの1枚だけであったり、2枚目の写真があったとしても本人とは無関係な風景や物の写真の場合は業者である可能性が高いです。

あくまでも登録用に埋めるためにネットから拾ってきた適当な画像をアップロードしているからです。業者はルックスのいい異性の写真を用意して会員の興味を煽ってきます。

プロフィールがかなりハイスペック!

この特徴は業者が男性会員を装っている場合に見られるのですが、イケメンのプロフィール画像に加えて職業などの項目がかなりハイスペックになっておりかなり胡散臭いです。

まず年収に関しては最低600万~となっており、職業は大手一流企業の社員であったり会社の経営者・役員、自営業や商社といった職業=高収入が成り立つ仕事に設定してあります。

さらにはプロフィール内容も「長期間彼女がいない」「遊んでそうに見えますが、かなり奥手」「子供好き」といった女子ウケが良かったり、シングルマザーにも好まれそうな文句が並んでいます。

友達の数が10~30人と少ない

ペアーズはFacebookで認証する際の条件として10人以上の友達が必要になっています。業者は運営に見つかって削除されることもあるので、アカウントを量産しているので登録に必要最低限の友達を作って即登録します。

ですので、ほとんどの業者のアカウントは10人であることが多く、多くても30人となっています。会員の方であれば少なくとも60人~、最も多いのは100人前後となっています。

プロフィールの”Facebookの情報”欄を見た時に友達が10人~30人と極端に少ない人は業者の可能性を疑いましょう。

SNSのIDやアドレスをすぐに聞いてくる

業者はマッチングした後のやりとりで、数通メッセージを交換しただけでLINEのIDであったりメールアドレスを聞き出そうとしてきます。

SNSのIDやアドレスは個人情報として価値があるので、業者はそれらを収集して転売します。あるいはLINEやメールに移行して外部サイトに誘導したりマルチ商法を持ちかけてくる場合があります。

ペアーズにおいては有料会員の期間内であれば無制限でやりとりが出来るので、LINEなどを利用する場合は電話やデートで当日会う際に連絡をとりあったりする以外にはあまり交換する必要はありません。

LINEのIDも大切な個人情報のひとつですので、相手に好意を持っている場合でも容易に教えない様にしましょう。

ペアーズにいる怪しい業者の手口とタイプ

どのようなプロフィールや特徴なのかは前項でお伝えしましたが、中にはプロフィールを念入りに作っている業者もいるので気付かずにLINEやアドレスを交換してしまうかもしれません。

そういった場合でも、業者のタイプや手口を知っておけばやりとりの途中で気付くことができますのでこちらも把握しておきましょう!

ネットワークビジネスの勧誘業者

ペアーズの業者の中にはネットワークビジネス、いわゆるネズミ講に勧誘してくる業者がいます。

個人情報を収集している業者とは違い、Facebookの友達の数が100人前後であるケースもあり、一見「普通の会員かな?」と思ってしまうかもしれません。

ただ、プロフィール上では職業が“経営者・役員”になっていることが多いです。手口としてはLINEやメッセージでのやりとり中で「自分は収入が高く、成功している」といったことをほのめかしてきます。

そして実際にアポイントをとっていざ話してみるとネットワークビジネスの勧誘を受けたというケースがあります。LINEで必要以上に職業や仕事の話、特にお金に関して触れるのであれば警戒して接するようにしましょう。

外部サイトへ誘導する業者

ペアーズから他のサイトへ誘導する業者は、メッセージの交換にポイントを消費しなければいけないサイトのURLを貼って登録するように呼び込みます。

コミュニティサイトのようなタイプのものから、ブログ形式のサイトもあります。具体的にどのような手口かというと、メッセージのやりとりを数通した段階でLINEや携帯のメールアドレスの交換を勧めてきます。

移行したあともいくつかやりとりをすると「スマホが壊れた」や「LINEを辞める」といった口実で「他のサイトでやりとりをしよう」と持ちかけてきます。

そこで送られてきたURLからサイトにログインし、やりとりをしようとするとかなり高額なポイントが必要になります。相手からは「水着の写真を送った」や「後でポイントに使った分支払う」などといってなんとしても課金させようとしてきます。

あの手この手でポイントを買わせて、お金が尽きたら連絡がとれなくなってしまいます。

基本的には上記で紹介した外部サイトへの誘導かネットワークビジネスが業者の中では割合として多いのですが、その他にもやりとりの中で“FX”や“デイトレ”、“投資”といったワードが出てきた場合は、その後に口座開設を勧められたりする場合もあります。

ビジネス系や宗教についての話題について触れた時は気をつけましょう。

ペアーズで怪しいと思ったら警戒

業者の特徴や手口についてお伝えしてきましたがいかがでしょうか。

ペアーズのセキュリティはFacebookのアカウントや個人証明をしっかりと行っているのですが、わずかながら業者が存在するのが現状です。

記事中で紹介した特徴を参考にしつつ、少しでも怪しいと思ったら会員名で検索してみましょう。要注意の業者は掲示板で共有されていることがあるので、やりとりをしている相手が業者であれば検索結果に引っかかります。

やりとりをしている中で少しでも怪しいと思ったら警戒していくことをおすすめします。


pairs

運営がしっかりしている婚活アプリ「ペアーズ」
↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

関連記事

  1. 「ペアーズvsタップル誕生」全てを比較した結果

  2. mimiという出会いアプリには業者はいるの?サクラは?

  3. Omiaiで「いいね」がこない全ての女性・男性へ

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ・ブライダルネット・Match(マッチ・ドットコム)を徹底比較!…

  2. タップル誕生・ゼクシィ恋結び・イヴイヴを徹底比較!出会えるアプリ…

  3. タップル誕生?with?出会えるアプリはどちらか徹底比較!

  4. マリッシュユーザーの口コミ・評判まとめ!本当に出会える?

  5. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  6. 人気アプリwith(ウィズ)でブロックしたらバレる?されたらわかる?…

  7. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  8. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  9. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  10. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…