Pairsでのline交換に待った!line交換があまりよくない理由とは?

Pairs(ペアーズ)

国内最大級600万人!サクラゼロ!
安心安全に理想のお相手を見つけよう!
真面目なパートナー探しならPairs(ペアーズ)♩

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

Pairsを利用している最中に、lineでの連絡もしたくなってしまう人は意外と少なくありません。

pairs1

連絡をしていくうちに、少しでも相手のことが知りたくなってしまい、ひとつでも相手の連絡先を多く手に入れておきたいと思ってしまうものです。

しかしこの心理状況に陥った際に注意しなければいけないこととしては、あまりしつこく連絡先を聞くようなことをしてしまうと、せっかく良い関係であっても、うまくいかなくなってしまう場合があるということです。

しつこい行動をされるとそれまでの熱が一気に冷めてしまうことは多くあり、この後に再度関係を深めていくということはとても難しいものとなります。

Pairsにおいてもline交換をする際には、タイミングが重要です。また当然Pairsを利用するのであれば、lineの交換は別にしなくても良いと割り切っていくことも時にはとても重要となります。

二兎を追うもの一兎を得ずということわざがあるとおり、あまり欲張りすぎると、取り返しのつかないことになってしまうので注意が必要です。

ペアーズを安心して利用するために以下記事も押さえておきたいですね♩
↓ ↓ ↓
Pairsは危険なアプリ!?ペアーズで危険な人に遭わない為には?

Pairsでのline交換!lineは気軽に教えることができない人が多い

lineはどこか気軽に利用できるツールというイメージがとても強いですが、実のところ、IDを教える際にとても慎重になっている人がとても多いです。

これだけメジャーになってきている状況で、IDのやりとりに慎重な人が多いことに意外性を感じる人もいると思いますが、そう簡単に教えてもらえないものと考えておいたほうが良いでしょう。

人によって優先度は当然大きく変わってきますが、場合によっては個人のメールアドレス等よりもIDのほうが重要という人もいることになります。

このあたりは、世代等によっても大きく変わっていくでしょう。

結婚活動のために出会いサイトを利用していたり、サービスを利用している中で、関係が深まってきたなと感じ、lineのIDを教えてもらおうとしても、なかなか教えてもらえず、落ち込むという人もいますが、IDをなかなか教えない人というのは基本的にあまり多くの人に教えるようなことをしないタイプの人であるため、必要以上に落ち込まなくても良いでしょう。

連絡をするツールが多くなってきている現代、気軽に教えても良いものとそうでないものがはっきりと分かれている人もいます。

自分がこうであるから相手もこうであると思い込んでしまうと、そこで大きなすれ違いが生じ、ストレスになってしまうことがあるので、相手の価値観を知ることがとても大切になっていくでしょう。

Pairsはline交換の必要がある?lineの必要性を感じない人が多い

出会いのためのサービスを利用していて、その中でせっかくやり取りがスムーズにできているのに、あえて外部のサービスを利用することに抵抗を感じる人はいます。

ひとつはさくらの存在です。

さくらはとにかく外部でつながっていこうとするので、外部でのつながりを重視してしまうと、さくらと勘違いされてしまうリスクはあります。

もうひとつはサービス内でやり取りができているのに、外でやり取りをする必要性を感じない人が多いということです。

サービスの中のやりとりと、外部でのやりとりでスイッチを切り替えている人もおり、そのような人にとってみると、両方で連絡が取れることは自分でスイッチの切り替えができなくなってしまうことを意味し、このような状況を拒否していくこともあります。

それゆえに、lineのIDを教えて・・・と伝えても断られてしまうことがあるのです。

純粋に面倒くさいと感じて断る人もいますが、好意を持っている相手であっても、あえて連絡先を教えないということはありえると思っておいたほうが良いでしょう。

好意とは関係なく距離を置いておきたいという人はいる

個人的なlineIDなどを教えない人の中には、出会い系サービスで出会った人とは、好意の有無関係なく距離をとっておきたいと感じている人もいます。

たとえば、大切な人、好きな人と出会えたからこそ、その時の状況を大切にしたいと思うがゆえに、距離をとって、大切に思う気持ちをなくさないようにするというものであったり、距離感がある程度あるからこそ、ずっと好きでいられるというタイプの人です。

好きであるから、できるだけ常にくっついておきたいというタイプの人もいますが、このようなタイプは意外ときらわれやすい傾向もあり、相手からするととても自分勝手な印象を持ってしまうこともあります。

距離感をとるという意味で、個人の連絡先を教えない場合には、連絡のやり取り自体はしっかりと行うことができ、特定の連絡ツールでしっかりとつながっていくことはできるはずです。

これが仮に、どんなツールを利用しても連絡を取ることができないような状態であると、音信不通、連絡が途絶えた状況となり、関係を深めていくことは困難になってしまいがちです。

相手がどういったタイプであるのかを理解していくことが、やはり重要になってくるということでしょう。

当然身を守るためにlineを教えない人もいる

連絡先を教えるということは、自分のプライベートを教えるということでもあり、相手と自分の距離感を縮めるということでもあります。

それゆえに、相手が自分の生活により介入しやすくなることを意味します。

ある程度の危機感を持っている人であれば、このリスクをしっかりと把握しており、当然自分の連絡先を教えることに大きな抵抗感を持っていくことになります。

これは何も特別なことではなく、普通のことであり、出会いを求めていく上でもとても重要な要素となります。自分の身を守ることができない人は、ほかの人の身を守ることもできないものです。

警戒心が強い人であると、絶対に連絡先を教えないということもありえます。相手が信頼できる、できないの問題ではなく、教えること自体に大きな抵抗感を持っているということになるでしょう。

このようなタイプの人であれば教えてもらえないのは当然であり、ある程度親密な関係になったとしても教えてもらうことはなかなか難しいものです。

変に教えてもらおうとせず、教えてくれるようになるのを待つのが大切となります。

警戒心が強いタイプというのは過去に何かしらのトラブルがあったり、巻き込まれている可能性もあり、教える行為自体に抵抗を持っていることも少なくありません。

どれだけ相手の立場に立って行動をすることができるかが大切となり、万が一無理やり聞くようなことがあると、それは関係の悪化ではなく、修復不可能な関係になってしまうこともあるでしょう。

教えることをしない人は変に聞こうともしない

連絡先を教えることに抵抗感を持っている人は、ほかの人の連絡先を変に聞こうとすることも少ないです。

自分は教えないが、ほかの人のは知りたいということになれば、それはただの自分勝手となりますが、教えないが、知りたくもないというのは、自分の生活を守るための手段の一つとも言えるでしょう。

ただし、これが行き過ぎてしまったり、しっかりと理由を説明することができない人であると、その人自身がトラブルの原因になってしまったり、大きな誤解を生んでしまったりするものです。

連絡先を教える、教えないに関しては「教えない」ということに対して、理由を説明できるようになっていると余計なトラブルを抑制していくことはできるでしょう。(聞くほうとしても、教えたくない人に無理やり聞くようなことは基本すべきではありません)

Pairsでline交換にこだわる必要はない!Pairs内で十分なやり取りができる!

相手と仲良くなってくるとどうしても、相手のことをより知りたくなって、相手の情報を多く収集しようとしてしまいますが、これは行き過ぎると相手にとってただの負担にしかならないので大きな注意が必要です。

相手としてはPairsを利用しているので、Pairsでしっかりと連絡を取って、関係を深めていきたいと思っていることが多いでしょう。というより、それを目的としてサイトを利用している人がほとんどどなります。

理由としては、いきなりラインでの個人的なやりとりはどうしてもリスクが出てくるようになり、それを避けていきたいからです。

Lineを教えてもらえれば、それだけ信頼されている証拠と考えることもできますが、上述したように、信頼等とは関係なく、連絡先を教えたくないという人もいることを忘れてはいけません。

※自分の情報を安易に教える人とそうでない人では、そうでない人のほうが安心感を与えていける可能性は高いです。

ただ、あまりにも教えなさ過ぎるというのは、人間関係にひびを入れてしまう可能性があるので難しいところですが、このあたりは駆け引きになってくるとも言えるでしょう。

Pairsの場合には、教えてもらわないと関係を深めていけないということでもなく、また教えてもらったからといって、必ずしも関係が良くなっていくというわけでもありません。

Pairsでlineを交換してしまったからといって必ず危険ということでもない

IDを交換する際に、やってはいけないこととして、相手を知る前に交換をしてしまうことです。これさえ避けておけば、リスクというのは実はそこまで大きくはありません。

相手のことを知るということについても、やりとりを2、3回しただけでは当然不十分です。一定期間やり取りをして、はじめて相手と「やり取りをした」ということになる点には注意が必要です。

出会いサービス、サイトを利用している人の中には、言葉巧みに近づいてくる人も当然おり、連絡のやり取りに長けている人も中にはいます。

そのような人を数回のやりとりで判断することは当然できず、判断してしまうこと自体がリスクのあることと思っておいたほうが良いでしょう。

特にやりとりに慣れているような人には注意をしておいて損はありません。(IDの聞き方に慣れている人というのは、相手からIDを公開して、こちらのIDを聞き取ろうとしてくることが多いです。IDを先に公開されてしまうと、申し訳なさから教えてしまいそうになりますが、悪意のあるなしに関係なく、慎重さを持っておくことは大切です。)

何もやりとりをしていないのに、IDを聞いてくる場合は要注意

ひっかかる人は少ないとは思いますが、何もやりとりをしていないののIDを聞いてくるようなことがあれば、それは間違いなく、普通のやりとりではありません。

IDを教えるようなことがないように注意が必要です。ほぼ間違いなく正常な活用をしようとしているものではなく、悪用しようとしているものであると考えて良いでしょう。

まったく知らない人から、IDが送られてくるようなことがあってもそれに手を出してはいけません。それによってどのような情報が相手に渡ってしまうかはわかりません。

意外なところから個人情報が抜き取られることも少なくないので、しっかりとやり取りを丁寧にした上で、IDを交換していくことは大原則です。

Pairsでline交換は必要ではない!

Pairsを利用していく上でlineの交換は決して必須ではないことを覚えておいたほうが良いでしょう。Lineを交換しなくても十分に活用でき、下手に交換しようとしてしまうとトラブルの原因になりかねません。

IDをはじめとした連絡先の交換については個人の価値観が大きく影響していきます。自分の身を守るために、極力教えたくない人もいれば、積極的に教えていく人もいます。

どちらが良いということではなく、状況に合わせていく必要はあるでしょう。教えないという判断をする場合、教えない理由等をしっかりと説明できるようにしておくと、トラブルは回避しやすくなります。

積極的に教えたい人の場合には、相手が信用できるか最低限確認できるだけの期間を設けておくことをお勧めします。個人情報は教えてから、「しまった」と思っても、遅いです。

対抗策としてはどうしても後手に回ってしまうため、トラブルが発生した場合にはできるかぎり早い段階で手を打っていくことがとても大切です。

自分でどうしてよいのかわからない場合には、まずしっかりと運営側に相談をしたり、国民生活センターや警察に相談をしていくことが大切です。

相談をしていければ、たいていの場合、何とか対処方法を見つけていくことはできるはずです。一番やってはいけないこととして、自分で抱え込み、どんどん手を打つタイミングが遅くなってしまうことです。

遅くなればなるほど、選択肢は狭まり、対策手段は少なくなってしまうので注意が必要です。無論そのような状態にならないようにすることが一番良いことは間違いありません。


日本国内最大級!安心安全に恋活するなら♪
↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

こちらの記事もあわせて読まれています♪

関連記事

  1. ペアーズの料金を完全解説!支払い方法や料金を詳しく紹介します

  2. Omiaiの40代平均「いいね」数と「いいね」の増やし方

  3. 「ペアーズvsタップル誕生」全てを比較した結果

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ・ブライダルネット・Match(マッチ・ドットコム)を徹底比較!…

  2. タップル誕生・ゼクシィ恋結び・イヴイヴを徹底比較!出会えるアプリ…

  3. タップル誕生?with?出会えるアプリはどちらか徹底比較!

  4. マリッシュユーザーの口コミ・評判まとめ!本当に出会える?

  5. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  6. 人気アプリwith(ウィズ)でブロックしたらバレる?されたらわかる?…

  7. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  8. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  9. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  10. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…