【例文アリ】マッチングアプリでの上手な断り方!「この人はなんか違う・・・」

今や、20・30代の5人に1人がマッチングアプリで恋愛に発展したことがあるというぐらい一般的になりつつある「マッチングアプリ」。

恋人が欲しい!と利用されている方も多いのではないでしょうか?

手軽に出会えることができるので恋人探しにピッタリですが、手軽に人と出会うことができる分「なんか違う」ということも多いのではないでしょうか?

「ちゃんと断ったほうがいいのかな…」
「でも、向こうはそんなこと望んでないかも…」

と思っていたら、なんとなくフェードアウトしてしまった。マッチングアプリではよくあることですが、もし今後もマッチングアプリでいい人を見つけたい!と思っているのであればきちんと誠実に断ることをおすすめします。

なぜなら、よりよい人間関係を築くためには「人にされたら嫌なことはしない」ということが非常に大事だからです。

また「相手は自分の時間を使ってやり取りしてくれている」と考えると、申し訳ない気分にもなりますよね。

ここでは、そんなマッチングアプリでの「なんか違う・・・」と思ったときの上手な断り方について解説していきます。

断り方の前にここだけはチェック!

でも、今まさにお相手に断りの連絡を入れようとしているあなた、でもちょっと待って!マッチングアプリの出会いは一期一会。断ったら二度と会えない可能性が高いんです。

断ってしまってから「あのとき断ってなかったら…」なんて思いたくないですよね?

そういう方のために断る前のチェックポイントをいくつかご紹介します。

【断る前のチェックポイント】
①連絡を取っている段階でイラッとすることや憂鬱になることが多い
②会ってみて、仕草など相手のことが生理的に受け付けない
③LINEなどで連絡を取っていてもおもしろくない
④他にもいい人がいるので、なんとなく気乗りしない

まず、①の場合は会ってみても高確率で何かしらにイライラする事が多いので、お断りしても問題ありません。付き合うことになっても連絡を取るたびにイライラするなんて結果になりたくないですよね?

また、②の場合も対人関係で生理的に受け付けないことはまず変わることはないので、この場合はお断りをすることをおすすめします。

③の場合ですが、実際に会ってみたらLINEで連絡を取るよりも楽しかった!という意見もたくさんあります。文章と会ってみた印象は違うもの、一度会ってみて判断することをおすすめします。

その上で実際に会ってみてもLINEのやり取りと同じように「楽しくなかった」と感じたら、お断りするという形をとってみてください。

④の場合も同様でマッチングアプリでは同時進行でいろいろな人とやり取りをしているため、どうしても「この人よりはこの人」と順位をつけてしまいがちですよね?

ただ、実際に会う前でしたら一度会ってみてから、一度会ってみたという人は「断るまでもないけど今は乗り気しない」ということなら、別の気になるお相手との結論が出るまでは、断るのを避けてはいかがでしょうか?

私達はその日その日を「気分」で動いているもの。今日は「なんか乗り気しない」と思っても、次の日には違う気持ちになっていることも多いです。なので、相手に対して「生理的に受け付けない」などといった根本的な感情を抱いていないのであれば、少し待ってみるのも手です。

他の人と比べてしまうことで出会いのチャンスを逃すのはとてももったいないです。せっかくの出会いを「楽しもう」と努力して、それでも「違う」と思ったときに判断すればいいのではないでしょうか?

以上が断る前のチェックポイントとなります。

では、次からは「なんか断るの苦手…」という方のために断るときのポイントとお相手とのシーン別にどう断るのがいいのかをお伝えしていきます。

マッチングアプリでの断り方のポイントは「相手を尊敬すること」

リアルな場での人間関係を考えてみると、友達や会社の人など色々な方からのお誘いを断ることってありますよね?

そういう場合、どういった断り方をするのかを考えると自然と断り方もわかってきませんか?

マッチングアプリは手軽な出会いゆえに対人間関係ということを忘れがちです。しかも、断るのって結構勇気がいりますよね?でも、反対に自分がしたことは相手にされる可能性があることを覚えておいてください。

自分がされたら嫌なことは、たとえ相手がマッチングアプリで出会った人でもやらないというのは鉄則!友達や会社の同僚と同じだと考えて、きちんとした対応を心がけましょう。

では、断り方としてはどういったものがいいでしょうか?

なるべくストレートに、でも「相手を尊敬しつつ」断ることで相手もあなたもなるべく嫌な思いをせずに断ることができます。

遠回しに伝えすぎると、相手も「まだ可能性があるってこと?」と悩んでしまう結果になるし、「生理的に受け付けない」など相手のことを傷つけてしまう言葉を選んでしまうと、相手の心に傷が残ってしまうので、慎重に言葉を選ぶことも大切なポイントです。

ただし、相手との関係性によって少し断り方も違ってくるのでシーン別に最適な断り方を見ていきましょう。

会う前にサイト内でメッセージのやり取りをしている人への断り方

マッチングアプリの第一歩と言えば「マッチング」ですよね。「私はあなたに興味があります」とどちらかが伝えて相手も同意した状態。でも、マッチングの段階では相手の内面は見えずにスペックや外見を見ている状態に過ぎません。

マッチングアプリ内でメッセージのやり取りをしていく中で「なんか違う」「相手のメッセージにイラッとしてしまう」ことはよくあります。

双方がそう感じたのであればいいのですが、相手はあなたのことをすごく気に入ってくれていて、LINE交換や会うことを提案されている。

そういう状況だと、なかなか言い出しにくいですが、相手も時間を割いてあなたとやり取りしています。なるべく早い段階で断ることで、自分と相手の時間を無駄にせずに済みます。

断り方としては、

「いいなと思ってマッチングしたのですが、少しお話してみて価値観が合わないと感じました。私にはもったいない人だと思うので、大変申し訳無いのですが、他の方を探していただけませんか?」

といったもの。「いいなと思った」けど「私にはもったいない」と相手のことを尊敬しつつ「他の方を探してください」とストレートに伝えることであなたの印象を悪くすることなく伝えられます。

会う前にLINEを交換してしまった人への断り方

次に、マッチングアプリ内からLINEなどのメッセージアプリにやり取りを移行した人の断り方をご紹介します。

マッチングアプリ内でメッセージのやり取りをしている中でLINE交換を提案され、IDを交換するという流れは一般的にもよくありますよね?

でも、LINEでやり取りを続ける中で、なにか「違和感」が出てくるときもあります。そうしたとき、LINEをブロックする、既読・未読スルーをする人などもいますよね?でも、LINEだからこそ、きちんと断ることを心がけましょう。

断り方としてはサイト内のメッセージと同じような形でかまいません。

「いいなと思ったのですが、少しお話してみて価値観が合わないと感じました。私にはもったいない人だと思いますし、やり取りにお時間をいただくのが大変申し訳ないので、今後お返事はできません。」

もし、会う約束をしている人であれば、その点も考慮するとより丁寧になります。

「いいなと思ったのですが、少しお話してみて価値観が合わないと感じました。会う約束をしていて申し訳ないのですが、○○さんのお時間を使っていただくのが申し訳ないのですがキャンセルさせてください。」

相手の時間を使うのがもったいないというメッセージを入れることで「この人はすごく丁寧な方なんだな」と思わせることができます。

もし、LINEでブロックをする場合はメッセージを送った後、2~3日相手のメッセージを待ってみるのをおすすめします。

「マッチングアプリ、LINE」といったキーワードで調べてみると既読・未読スルーで悩んでいる方がたくさんいることがわかるので「相手に悩ませる時間を作る」ことは避け、きちんと断るという誠実な対応を心がけてください。

実際に会ってみた人への断り方

LINE交換をした後はやり取りをする中で相手と直接会う流れになります。

ただ、LINEで連絡を取っているときはとても楽しかったのに実際に話しをしてみると「あれ?なんか思っていた人と違う」と思ってしまう方は必ずいるのではないでしょうか?

自分のそんな気持ちとは裏腹に、相手はあなたのことを気に入ってくれているみたい。「また会いましょう」と言ってもらえている…そういってもらえるのは嬉しいですが、実際に気乗りしないということありますよね?

もしくは、もう会わないと決めている。

今回は「会ってみたけど次はもうないな」と思った場合の断り方をお伝えします。

「実際に会ってみて、○○さんの素敵なところがたくさんわかりました。でも、XXといった部分が私には合わないと感じたので、申し訳ないのですが、今後はお会いできません。」

こちらも相手と会ってみて、よかった部分を褒めた後に「会えない」と伝えることで悪い印象を持たずに済みます。

また、2~3回会ってみたけど会っていく中で相手の嫌なところが見えてきてしまったという場合にも、

「○○さんのこと、すごくいいなと思っていて、何度かお会いしたのですが、どうしてもXXといった部分が合わないなと感じました。またお会いしたいと言われたのはとても嬉しかったのですが、もうお会いすることはできません。ありがとうございました。」

会ってみて好印象だった後、突然のLINEブロックや既読・未読スルーなどは意外と吹っ切れるまで時間がかかるもの。ましてや、何回か会った後であれば、余計にショックを受けます。

はっきり言われてしまうとその時点ではショックを受けるかもしれませんが、その分立ち直るのも早いことが多いです。なので、きちんとした対応を心がけてくださいね。

【番外編】お付き合いする相手ができたときの断り方

いい人と出会えて、付き合うことになった!とっても喜ばしいことですが、やり取りしている人がいるのであれば、なるべく早く連絡するのがマナーです。

その時はストレートに「お付き合いする人ができましたので、もうやり取りできません」とだけ伝える形で問題ありません。

お付き合いを良いものにするためにもけじめをつけたいですね。

マッチングアプリで良い出会いを増やすために

マッチングアプリの出会いって、なかなか難しいですよね。なんとなく会ってみるけど、なかなか自分からいいと思える人が見つからない。いいと思った人とはうまくいかないという方も多いと思います。

マッチングアプリでは、リアルなつながりがない分、1対1のやり取りで相手のことを見抜かなくてはいけないため職場や友達の紹介と違い、自分の目利きが全てになる分、余計に難しいのではないでしょうか。

そこで、私がおすすめするのは会う前に自分のチェックポイントを作っておくこと。そうすることで、マッチングアプリでの人間関係に悩むことが少なくなります。

チェックポイントは良い項目だけでなく、悪い項目も作っておくことで、より相手を見極めることができます。

例えば、

【自分が好きだなと思う人】
1.仕事の愚痴を言わない(人の悪口を言わない)
2.趣味を一つ以上持っている

【許せないポイント】
1.清潔感がない人(シャツがしわになっている、髭があるなど)
2.食べ方が汚い

ポイントとしては「優しい」などの曖昧な言葉じゃなく「初めて会った店員さんにも優しい人」といった具体的な項目をあげること。曖昧なポイントだと、その日の気分や体調によって左右されてしまうので、なるべく具体的な項目を上げておくことをおすすめします。

はじめのうちは「こういう人がいい」と思っていても、自分で作ったチェックポイントに照らし合わせながら考えていくことで本当はどういう人がいいのか、合う人はどういう人なのかがだんだんと分かってきます。

チェックポイントは人と会ってみることで変わってくるので随時ブラッシュアップしていってくださいね。

おわりに

マッチングアプリでの出会いにつきものの「なんか違う」という感覚。リアルで知り合いがいないから、既読スルーやブロックなど連絡を断つことで終わらせたくなるもの。

でも、マッチングアプリで本気でパートナーを見つけたい!と考えているのであれば、1つ1つの出会いに誠実に対応してくださいね。

きっと素敵な出会いがあるはずです!

関連記事

  1. 婚活で連絡なしってどういうこと!?lineやメール交換について

  2. ペアーズの使い方がわからない!簡単使い方マニュアル!

  3. ペアーズ(pairs)の女性料金は無料?

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ・ブライダルネット・Match(マッチ・ドットコム)を徹底比較!…

  2. タップル誕生・ゼクシィ恋結び・イヴイヴを徹底比較!出会えるアプリ…

  3. タップル誕生?with?出会えるアプリはどちらか徹底比較!

  4. マリッシュユーザーの口コミ・評判まとめ!本当に出会える?

  5. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  6. 人気アプリwith(ウィズ)でブロックしたらバレる?されたらわかる?…

  7. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  8. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  9. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  10. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…