マッチングアプリで結婚!親への馴れ初め報告パターン3つ

マッチングアプリで運命の人と出会い、そして結婚、実に理想的な流れですよね。

そんな幸福の絶頂の影には、大きな問題があることをご存知でしょうか。

それは、ずばり親への結婚報告です。

マッチングアプリで出会ったことについて、親はどう受け止めるのか気になりますよね。

嘘をつくか、それとも偽りなく本当のことを伝えるか、非常に悩みどころです。

そんな悩みを抱えているマッチングアプリカップルのために、どちらの選択が2人にとっても親にとっても最良の選択なのか調査してみました。

マッチングアプリで出会った人と結婚したいけど、親にどうやって報告したらいいのか悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

マッチングアプリで出会った人との結婚…親はどう思ってる?

マッチングアプリ婚での一番の悩みは、なんといっても親の存在ですよね。

親はマッチングアプリでの出会い、結婚についてどう思っているのだろうか、非常に気になるところです。

結婚を報告する側にとっては、やはり「出会いがマッチングアプリです」ということに抵抗感をもつ人が多い傾向にあります。

我々のような、若い世代からすると、親世代はそのような出会い方に偏見を持っているイメージが強いので、報告の方法にはとりわけ気を使うのかもしれません。

ですが、そんなイメージとは裏腹に、親世代は意外にも抵抗を感じないという人が多いようです。

とあるマッチングサービスを運営している会社が、親世代にマッチングアプリでの結婚に抵抗があるかどうかの調査をしてみたところ、下記の様な結果となりました。

・まったく抵抗を感じない・・・11.2%
・あまり抵抗を感じない・・・29.4%
・少し抵抗を感じる・・・31.3%
・激しく抵抗を感じる・・・28.0%

抵抗を感じないと答えた割合は40.6%、一方の抵抗を感じると答えた親の割合は59.3%なので、6割の親はマッチングアプリの結婚に抵抗を持っていることになります。

ですが、注目すべきポイントは「少し抵抗を感じる」割合です。

31.3%の親は少しだけ抵抗を感じているけれども、決して否定的な意見ではありません。

激しく抵抗を感じている親を説得するのは骨が折れそうですが、抵抗が少ししかないなら、それほど苦労せずに受け入れてもらえますよね。

つまり、こちらの心配をよそに、7割の親はマッチングアプリでの結婚を認めてくれることなります。

報告する前からびくびくするよりも、案外素直に言ってしまった方が事はスムーズに進むと考えて良いでしょう。

マッチングアプリで知り合ったと素直に話すべき理由

マッチングアプリで知り合ったことについては、よっぽどのことがない限り素直に話すべきです。

なぜなら、嘘の報告をしてしまうと、いずれ親にバレる可能性が高いからです。

そのバレるタイミングとはいつなのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

結婚式の馴れ初め紹介の時に嘘がバレるから

バレやすいシチュエーションのひとつに、結婚式の馴れ初め紹介の時にバレることがあります。

親には架空の出会い話をしていたのをすっかり忘れていて、結婚式では素直にマッチングアプリでの出会いを披露してしまう、あり得ない話ではありませんよね。

2人の本当の出会いを親が結婚式で初めて知った時、親はどのような気持ちになるでしょうか。

想像しただけで怖いですよね。

これだけの危険を冒してまで嘘をつくくらいなら、やはり初めから素直に真実の出会いを伝えた方が、絶対に良い結果に繋がります。

知り合いを通じて知られる危険性があるから

自分たちは完璧に嘘をつきとおしていたとしても、真実というのは思わぬ形で漏れ聞こえるものです。

昔から「人の口に戸は立てられぬ」と言いますが、まさにその通りで、第三者から親の耳に入る可能性は思いの外高いものがあります。

マッチングアプリ自体は流行っていますが、結婚まで至るカップルはまだまだ少ないのが現状です。

もし、そんな珍しいカップルが身近にいたとしたら、やっぱり人に言いたくなりますよね。

このように、人から人へ伝わって、最終的に自分の親の耳に入ることがないとは言い切れません。

どこで噂されているのかわからない怖さがあるので、バレるリスクを抑えるために本当のことを話すべきなのです。

嘘がバレた時に信用度がなくなるから

嘘がバレた時にもっとも怖いのは、親からの信用度がなくなることです。

何かしらの原因で嘘だとバレてしまった場合、親は自分のことを信用しなくなるでしょう。

人生に関わる大事での嘘ですから、当然の報いですよね。

最悪の場合、そのまま親との仲が悪くなることすら考えられます。

親からはチクチクと会うたびに文句を言われ、それを不満に思うパートナーからは離婚を切り出される可能性もあります。

嘘をつくというのは、最初から最後まで辻褄を合わせ続ける必要があるので、どうしても本当のことを言えない場合は、それ相応の覚悟を持って挑むようにしましょう。

親に嘘をつかず馴れ初めを報告する3つの方法

真実を話すことの重要性がわかったところで、では、実際にどう親に切り出せばよいのかについて考えていきましょう。

嘘をつかずにマッチングアプリで出会ったことを切り出す3つの方法を紹介していきますので、自分の状況に合わせてアレンジして使ってみてくださいね。

方法1:素直にマッチングアプリで出会ったと話す

これが一番良い方法です。

初めから素直にマッチングアプリで出会ったと話してしまいましょう。

ヘタに小細工しても良いことなんてひとつもありません。

もし、マッチングアプリに理解のある親であれば、包み隠さず全て話した上で、どのアプリで出会ったかも話しておくと良いでしょう。

逆に興味を持って話が進むこともありますので、素直な気持ちでズバリ切り出してしまいましょう。

方法2:フェイスブックを通して出会った

マッチングアプリという言葉がイマイチであれば、Facebookの名前を出してみてはいかがでしょうか?

今や抜群の知名度を誇るFacebookであれば、親世代でも知っている人が多いはずです。

マッチングアプリは使ったことがなくても、FacebookなどのSNSを使っている親世代はごまんといます。

最近では、マッチングアプリもFacebookと提携していることが多く、認識のあるFacebookの名前を出せば親にも安心感を与えることができます。

特に、マッチングアプリを得体の知れないものと認識している心配性な親には効果抜群のおすすめの方法です。

方法3:恋活をしていて出会った

ここまでは、マッチングアプリにかかわらず、インターネット上での出会いに対してある程度理解のある親への切り出し方を紹介してきました。

ですが、中にはインターネットでの出会いを良く思っていない親もいるはずです。

理解のない親へ切り出す方法、それは遠まわしに伝えることです。

インターネット上で出会ったと言うと、良く思われないなら、恋活で出会ったと切り出してみましょう。
遠回しではありますが、嘘をついているわけではありません。

恋活とはなんなのかをきちんと説明して、それが理解してもらえたらマッチングアプリについて話をするのも良いですね。

この切り出し方は、マッチングアプリを良く思っていない、理解があまりない親に紹介する時におすすめの方法です。

親へ馴れ初めを報告する時のポイント

マッチングアプリで出会ったことを前提に親に報告する場合、気をつけるべきポイントが2つあります。

この2つのポイントを守っておけば、親からの理解はさらに得やすくなりますので、しっかり覚えておきましょう。

事前に打ち合わせして相違がないようにする

結婚相手との出会いを親に伝える時は、かならず相違点がないようにしましょう。

いざ報告する段階で、結婚相手と自分で言っていることにズレがあると、それだけで親に不信感を植え付けてしまいます。

ただでさえ、マッチングアプリは親世代からすると不透明な存在です。

その不透明な場所で出会った相手と結婚しますと、我が子から告げられたら不安になりますよね。

そのような不安を与えないためにも、馴れ初めを報告する時は、念入りに打ち合わせをしてから臨むようにしてくださいね。

当たり前だけど、マナーはしっかりと!

結婚の報告は、人生の中でも1、2を争う大イベントです。

その大事なイベントを、きちんとしたマナーを持って伝えるのが社会人の常識です。

これは、マッチングアプリでの出会いであるかどうかは一切関係ありません。

親への挨拶、結婚報告での訪問、社会人ならできて当然のことです。

自分ができていたとしても、結婚相手ができていなければ意味がありませんので、これも事前にきっちりお互いチェックしあうべきです。

足りない部分は補い合い、分からないことは調べて身につける、それくらいの覚悟がなければ、結婚報告は厳しいものとなるでしょう。

それでも親にマッチングアプリで出会ったと言いたくない人へ

事情というものは、十人十色です。

素直に親にマッチングアプリでの出会いを告白できる人の影には、どうしても、親にマッチングアプリで出会ったことを言えない、言いたくないという人もいるでしょう。

でも、結婚を当人同士で決めてしまった、そんな絶体絶命のピンチを切り抜ける方法をいくつか紹介していきます。

どれも実践的な方法なので、覚えておけばかならず役に立つでしょう。

友達の紹介で出会ったと話す

もっとも無難で信憑性の高い理由が、この「友だちの紹介」です。

そもそも出会いと言えば、もともと友人関係、友人・知人の紹介、飲み会や合コン、同じ職場の同僚などが定番ですよね。

昔からのよくある出会いのシチュエーションのひとつですから、あまり疑われることはないはずです。

しかし、完璧に見えるこの方法も、ひとつだけ注意すべき点があります。

それは、こちらの友人関係を網羅している親の場合、誰の紹介なのか聞いてくる可能性があります。

とっさのことで動揺しないように、結婚相手と細く設定を作って練り上げておくと良いでしょう。

紹介人である友人にも、しっかり口裏合わせすることを忘れないように気をつけてくださいね。

飲み会で出会ったと話す

飲み会というのも、出会いのド定番ですよね。

友だちの紹介と同様に、親から不審がられることはほとんどないでしょう。

ただ、だからといって完全に安心しきっていると、報告する親のタイプによっては痛い目を見ることがあるかもしれません。

中には飲み会という場での出会いを良く思わない親も少なからずいるので、親のタイプを事前に見極めてから、この方法を使うようにしましょう。

結婚報告という、非日常的な場面では、親が圧倒的に有利な立場になります。

ちょっとしたことで、いらないツッコミを受けることもあり得るので、そういった可能性の芽は確実にひとつひとつ潰しておくのが成功への鍵です。

趣味の場で出会ったと話す

趣味の場で出会ったと話す方法は、親によっては良い方向に捉えてくれることがあります。

マッチングアプリでは、趣味嗜好ごとにコミュニティが設けられているものもあり、そこで出会った相手であれば、むしろ趣味の場を全面に押し出したいくらいです。

ただ、これはあくまでも本当に趣味の場で出会った場合に限られます。

もし、嘘をついていた場合、趣味の話題を深掘りされてしまうとバレる可能性が高くなります。

リスクが高くなるので、使う時は慎重に慎重を重ねて準備しておきましょう。

【番外編】友達に紹介する時の理由は?

親への報告も大きな問題ですが、忘れてはならないのが友達への結婚相手の紹介理由です。

友達に紹介すると、ほぼ100%の確率で訊かれるのが馴れ初めです。

どこで出会ったの?から始まり、いつから付き合ってるの?結婚の決め手は?などなど、質問攻めに会うことは間違いありません。

友人への報告についても、しっかり対策を練っておく必要があるので、番外編としておすすめの方法を紹介します。

仲の良い友達には正直に話す

親にも、友達にも、やはり正直に全てを話す以上の上策はありません。

嘘をつかないで話すわけですから、あとからバレる心配もなければ、バレて慌てふためくこともなくなります。

親に比べると、同年代の友達はマッチングアプリに対する理解はあるはずです。

その分、親よりも正直に話すのは気が楽になるので、仲の良い友達であれば信じて真実を打ち明けてみてください。

仲の良い友達に事前に話をし、理解を得ていれば、結婚式の紹介時に余計な混乱を招かなくて済みます。

変に気を使って、嘘をついてしまうと、万が一バレてしまった時が大変です。

友情には亀裂が入りますし、最悪の場合、絶縁なんてことも考えられます。

気のおけない友人であればあるほど、正直に話しておいた方が良いでしょう。

それなりに親しくない相手なら「友達の紹介」が無難

逆に、あまり親しくない友達であれば、マッチングアプリでの出会いは隠しておく方が無難です。

理由としては、あまり親しくないが故に、理解のない友達が変な噂を立ててしまうこともあり得るからです。

「あの子、マッチングアプリで出会った人と結婚するんだって」と友人間で噂が立てば、それはあっという間に広がってしまいます。

その噂が、まだ紹介していない仲の良い友人にまで届いてしまったら、手の施しようがありませんよね。

友達だけならまだしも、何かの拍子に親の耳にまで入ってしまうことも想定できます。

そのような最悪の状況にならないためには、無難に「友達の紹介」と伝えておきましょう。

あまり親しくない友達であれば、そこまでこちらに興味があるわけでもないので、疑うことなく、あっさり納得するはずです。

不自然にならないように、こちらも結婚相手と事前に打ち合わせしておくと、バレる確率が低くなります。

結婚前提のお付き合いなら親に嘘をつかず正直に!

結婚前提のお付き合いであれば、親に嘘をついても良いことは何もありません。

親世代の人達は、インターネットの世界に理解や知識のある人は少なく、それを危険だったり、良く思っていない場合が多数見受けられます。

だからといって、それに臆して嘘の内容の結婚報告をしてしまうと、その後のリスクが高まるだけです。

自分を生んで育ててくれた親だからこそ、信じてマッチングアプリでの出会いを報告してください。

今と昔、出会いの形は違えども、出会いは出会いです。
マッチングアプリで出会って結婚に至るカップルがまだまだ少ない中、その出会いでお互いに結婚を決めたのであれば、その選択はきっと間違ってはいません。

胸を張って、愛する両親に堂々と結婚の報告に行きましょう。

関連記事

  1. lineで連絡するメリットとは?恋活アプリから移行しよう!

  2. 30代におすすめの人気マッチングアプリ5選!

  3. 大学生にこそおすすめしたいマッチングアプリ3選!

↓男子も女子もコレで全部解決!!【決定版】

  1. ペアーズ女性会員が伝授!女の子の脈ありサインとサクラの見分け方

  2. 【ペアーズにログインできない!】原因と解決マニュアル!

  3. 出会えると噂のアプリ「ペアーズ」はガチ!理由と根拠を口コミから…

  4. ペアーズでの出会いは9割!ほぼ確実に出会えることを体験談で証明し…

  5. ペアーズのログイン時間とオンライン表示の疑問を解決!

  6. ペアーズで「マッチングしない」から解放!1%でも確実にマッチング…

  7. アラサー女子向けOmiaiの使い方完全版!人生最後の恋の相手を見つけ…

  8. Match(マッチ・ドットコム)の評判は本当?恋愛経験0の私が実際に…

  9. Omiaiとペアーズをテーマごとに徹底比較!どっちがあなた向き?

  10. youbride(ユーブライド)の評判を徹底解説!口コミの真実を実体験か…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底解説!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…