マッチングアプリは危ない?トラブルから身を守る回避方法!

マッチングアプリは素敵な異性との出会いを手軽に探せる便利なアプリです。

ですが、新しい出会い、つまり見知らぬ人と出会うということは楽しい事だけじゃなく、少なからずリスクも潜んでいます。

男性で言えば詐欺や美人局、サクラや業者。

女性でいえば暴力やヤリモク、結婚詐欺。

残念ながらすべての男女が、純粋に素敵な出会いを希望しているとは限りません。

そういったリスクも知って、最低限の自衛をすることでマッチングアプリはより安全に、そして素敵な出会いを探すことができるアプリになるのです。

今回はそんなマッチングアプリに潜む危険と、その危険をできる限り回避するための方法を解説します。

最後にセキュリティのしっかりとしたリスクの低いマッチングアプリも3つ紹介しています。

これからマッチングアプリを利用しようと思っている方、安易に始める前にまずはこの記事を読んで、きちんとリスクについて知っておいてください。

マッチングアプリは危険?

まず、皆さんが一番気になっていると思われる所から解説しますね。

それはずばり「マッチングアプリは危険か?」という点です。

確かにマッチングアプリで出会った男女によるトラブルで、事件が起きることもあります。

それは事実です。

ですがこれは「マッチングアプリを使ったから」ではないのです。

マッチングアプリで事件が起きると、マスコミは大々的に報じます。

まるでマッチングアプリが危険なものかのように報道するので、それを見て不安に思う人もいるでしょう。

しかしこれらの事件はマッチングアプリだったから起こったわけではありません。

合コンでも会社でも学校でも、人と人が出会えば何かしら人生に変化は起こるのです。

マッチングアプリで事件になったケースより、職場や学校で出会って事件になったケースの方がはるかに件数は多いでしょう。

しかし通常、職場で出会った人同士の事件なんて報道されません。

珍しい事件だからこそニュースで取り上げられてしまうのです。

マッチングアプリは出会いの場の提供です。

その出会いを良い変化にするのは悪い変化にするのかは、使う人の気持ち次第と言えるでしょう。

「トラブルが怖いからマッチングアプリを使わない」

と言っている方は

「トラブルが怖いからこの先の人生、人とは出会わない!」

と言っているに等しいのです。

「事故が怖いから飛行機に乗らない」

みたいなものです。

それは悲しいですよね。

確かにマッチングアプリにも一部危険な利用者がいるのは事実ですが、職場や学校で出会った人、全員が安全とも限りません。

つまり「出会う場所は関係ない」のです。

マッチングアプリで女性が気を付けるべき危険と回避方法

まず、女性が気を付けるべきトラブルと回避方法を解説します。

女性は男性に比べマッチングアプリでトラブルに遭う可能性が高いです。

「自分だけは大丈夫」

この考えは絶対にいけません。

ヤリモク

女性が一番気を付けるべき男性がこのヤリモクです。

ヤリモクとは「ヤルことが目的」、つまり女性とHすることだけが目的の男性です。

真面目に付合う気は一切ないので、1回Hした後は音信不通になったり、都合の良い時だけ呼び出されてHしてバイバイ、なんていういわゆる「セフレ」にされることもあります。

マッチングアプリを利用してる男性の中でも、比較的割合としては多いタイプでその為だけに登録している人もいます。

女性は特にこのヤリモクに注意しなければいけません。

ヤリモクの見分け方としては
・食事や健全なデートより「飲み」にこだわる
・できる限り夜遅くに会おうとする

この2つにこだわる男性は危険です。

飲みにこだわるのはお酒で酔わせてしまうつもりかもしれません。

遅い時間にこだわるのは終電がなくなる時間まで引っ張る可能性が高いです。

最初のうちは昼間のデートで夜になる前に帰る。

3回目くらいまではHはもちろんキスもできればしないようにしましょう。

相手があなたに対して本気なら、そんなことくらいで男性は冷めたりしません。

重大犯罪

起こる可能性としては低いですが、暴力を振るわれたり、エスカレートして監禁や殺人事件にまで発展することが極まれにあります。

こういったケースはデート中に何か感情的になって犯行に及ぶケースと、最初から相手がそのつもりで来るケースがあります。

どちらにしてもプロフィールから見抜くのは難しいので、先ほど同様

「1回目~3回目のデートは昼間、人通りの多い所で」

これを徹底しましょう。

昼間に人通りのある所で犯罪におよぶ人はまずいませんし、仮に何か起こっても周りの人の助けを求めることができます。

どんなにいい人そうでも、最初から夜や人気のない所で二人きりで会うのは非常に危険です。

一時期有名になった「サイコパス」は一見穏やかで人当たりがいい人が多いです。

「メールやLINEのやり取りでは普通そうだし大丈夫かな?」

と思い込んで警戒心を緩めることが無いようにしましょう。

ヤリモク以上に取り返しのつかない事態位なる可能性があります。

既婚者

先ほどのヤリモク同様、注意すべきなのがこの既婚者です。

マッチングアプリでは独身と偽って、不倫相手やセフレにできそうな女性を探す男性もいます。

こんな男性に引っかかってしまうと人生の時間の無駄になるばかりか、最悪相手の奥さんから訴えられてしまうこともあります。

通常マッチングアプリでは、身分証明書によるチェックがあるため、生年月日や性別を偽ることは難しいですが、独身と偽ることは割と簡単にできてしまいます。

こういった既婚男性の見分け方ですが、

Facebookの情報を開示していない
極端にプロフィール情報が少ない

などの情報を隠したがる男性は注意が必要です。

また、付き合い始めてからも

囲み枠aデート時間や曜日がいつも決まっている
突然の予定変更に敏感
住んでいる場所を言わない

といった傾向がある男性も怪しいですね。

一言でいうと「謎、秘密の多い男性は注意」です。

詐欺・結婚詐欺

割合としてはそこまで多くありませんが、結婚詐欺をはじめとする詐欺師にも注意しましょう。

結婚詐欺師は「会社経営」「エリートサラリーマン」といった肩書の男性に多い傾向があります。

付き合い始めて、結婚や将来のことを匂わせるような発言をしたころ、会社やら何やらが経営難に陥って

「○○万円無いと会社が潰れてしまう!」

というパターンが王道です。

普通の男性なら自分の大事な女性に大金を出させるような真似はしません。

もし、万が一本当だったとしても、銀行から融資を受けられないような状態の会社なら、会社を畳む選択肢を与えたほうが男性のためです。

どちらにしてもお金を出す理由は何一つありません。

絶対に渡してはいけません。

回避方法としては収入や貯金額などを聞かれることがあると思いますが、

「病気の家族の治療費でほとんど使ってしまった」

とでも言っておきましょう。

結婚詐欺師はお金がないとわかれば、あまり執着せずさっさと次に移ってしまいます。

詐欺師の場合は「性急」な方が多いので、たぶんデート1回目から何かしら怪しい話をしてくると思います。

とにかく何か代金を支払う、ローンを組む、という話が出たら早急に逃げましょう。

詐欺師ではありませんが、宗教勧誘をしてくる人もいます。

宗教勧誘はとにかく「無理です」の一点張りで押し通しましょう。

相手に悪いとか思わずさっさと帰ってしまうのもいいでしょう。

マッチングアプリで男性が気を付けるべき危険と回避方法

男性だって油断してはいけません。

油断していると男性も危険な目にあう場合があります。

美人局

男性が一番気を付けたいのはこの美人局です。

美人局とは女性と会うつもりで待ち合わせ場所に行ったら、会う予定だった女性の彼氏や夫を名乗る男性が現れて、因縁をつけ金銭を脅し取る犯罪行為です。

見分ける方法は「話の早い女性」は怪しいですね。

メッセージのやり取りもほとんどしていなうちから、「会いたい」と言って来るような女性です。

後わざわざ夜を指定してくるのも危険です。

通常女性は警戒心が強いので、自分から積極的に会いたがるという事はほぼ無いです。

回避方法は最初は昼間の人通りの多い場所をデート場所に指定しましょう。

冷やかし

女性が完全無料の出会い系と違い、マッチングアプリではあまりいませんが、ごくまれにひやかしするつもりで待ち合わせをする女性もいます。

いわゆるすっぽかしですね。

こういった女性は通常の女性との見分け方が難しいので、もし当たってしまったら気持ちを切り替えて次の出会いを探しましょう。

援交・業者

美人局ほど危険ではありませんが、多い事例として業者や援助交際の誘いがあります。

要するにHをする代わりに金銭を要求する女性たちです。

もちろんその後、真面目なお付き合いに発展する可能性はゼロです。

最初に金銭を要求された場合は断ればいいだけですが、中には誘った後に金銭を要求する悪質な女性もいますので、あまりに話がうますぎる場合は疑うようにしましょう。

見分け方としては、ややアダルトなアピールが強めの女性や、話が早い女性は注意してください。

詐欺

女性と会った後、絵画や健康食品の購入を勧められるパターンです。

宗教勧誘の場合もあります。

購入したら付き合う、とか、「買ってくれたら今日は夜まで一緒だよ」みたいなニュアンスで話す人もいるようです。

もちろん買ったところで付き合えませんし、買ってしばらくしたら急用で帰ってしまう、というパターンです。

この手の女性はスタイルもよく、美人であることが多いです。

完全に避けるのは難しいですが、美人が性急に会おうとしてきた場合などはいったん冷静になったほうが良いでしょう。

男性でも女性でもそうですが、「うまい話」「急かす相手」にはいったん冷静になってください。

会う前に危険を察知・回避する方法

上記のような相手と会ってしまうと、どんなことが起きるか想像もつきません。

できれば会う前に見極めたいですよね。

ここではそんな危険な相手を会う前にある程度判断する方法を解説します。

信頼できるマッチングアプリを利用する

まず、ある程度信頼できるマッチングアプリを選びましょう。

大手のマッチングアプリは、登録時に身分証明書による本人確認を行ったり、スタッフが24時間不審者や悪質な利用者の監視を行っているところがあります。

一般の利用者にとっても面倒で煩わしく感じるシステムですが、悪意持った利用者にはさらに面倒で厄介に感じるはずです。

例えばヤリモクは身分証明書で完全にチェックされてしまえば、名前を変えて再登録できないため、頻繁に悪さはできません。

また、最初から美人局や結婚詐欺、暴力行為を目的としている人達が、証拠の残る身分証明なんてするはずがないですよね。

もちろんその他の犯罪行為をしようとしている人も同様です。

信頼できるマッチングアプリを選んで利用することで、ほとんどの悪質な利用者を避けることができます。

この記事の最後に紹介するマッチングアプリはセキュリティや監視が厳しい大手ばかりなので、参考にしてみてください。

プロフを見れば7割判断できる

危険な利用者はある程度プロフでも判断できます。

通常の利用者にはない「違和感や不自然さ」があるのです。

異常に美人、もしくはイケメン
社長やCA、モデルなど異常に高いスペック
スタジオで撮ったような写真
「夢」「未来」といったワードが多い
極端に情報が少ない

この条件が当てはまる人は怪しいです。

イケメンや美人の写真の場合は、利用者を引き付けるための罠かもしれません。

特にスタジオで撮ったようなイケメンや美人の写真はネットで拾って来たものを適当に張り付けているだけの可能性があります。

普通、マッチングアプリの写真のために、わざわざスタジオ行って写真撮りませんよね。

危険な利用者だけじゃなく、モテようと必死な利用者が別人の写真を使って成りすますこともあります。

美人やイケメンすべてが危険なわけじゃありませんが、一応疑っておきましょう。

社長、CA、モデルと言ったいかにも男女が惹かれそうな職業も危険です。

結婚詐欺師は社長を名乗って経営が危なくなる、といったパターンが基本ですし、憧れの肩書はイケメン、美人の写真同様、利用者を誘い出すための罠の可能性もあります。

プロフィールの記載内容に夢、未来と言った意識の高いワードが入っている人も危険な傾向があります。

宗教勧誘やデート商法に多いタイプです。

最後は情報が極端に少ない利用者です。

単にプロフを埋めるのがめんどくさい、というだけの人の可能性もありますが、既婚者で情報を漏らしたくない、という場合もあります。

つまりプロフを埋めていない人にまともな人はいない、ということです。(登録間もない人は例外ですが)

プロフが少ない人も避けましょう。

デート時間、デート先で相手の思惑が判断できる

よからぬことを考えている利用者は基本

遅い時間帯
人気のない場所

を好みます。

酔い潰して悪さしようとか、他の人に聞かれたくない会話をするためとか、人目に付くとまずい立場(既婚者とか)だったりとか…

とにかくやましい人たちは暗い場所や時間、人気のない場所を好みます。

マッチングしてメッセージのやり取りをして、いざデートとなった時にこの手の場所を指定されたら注意しましょう。

特に女性の場合、この手の場所を指定してくる男性は100%避けてください。

相手のことを真剣に考えている人が、最初のデートに遅い時間帯や相手を不安にさせるようなデート場所を、指定してくるわけがないですからね。

マッチングアプリ名+名前で情報共有

現代はネット社会です。

良い情報も悪い情報もすぐに拡散します。

マッチングアプリで悪さをしてる人の情報も、実はすぐに広まります。

試しに怪しい利用者を調べてみましょう。

例えばOmiaiで怪しい利用者を見つけたらGoogleで

「Omiai ○○(利用者の名前)」

で検索してみるのです。

全ての利用者が書かれているわけではありませんが、あまりに悪質な利用者は被害に遭った人が情報を拡散している可能性があります。

相手と会うことが決まったら、ネット検索してみることも有効な自衛策の一つですよ。

会ってから危険を察知・回避する方法

できれば会う前に見極めたいところですが、なかなか100%は難しいです。

そのため、ここでは実際に会った時に危険を察知する方法を解説します。

写真と別人

よくあるのがプロフ写真と別人というパターン。

イケメンや美人だと思って会ったら実は…です。

単純に異性の気を引きたくて嘘をついた可能性と、最初から騙すつもりの2パターンの利用者がいます。

気を引きたくて、のパターンは気持ちは分からなくもないですが、そういう人たちも強い悪意はなかったとしても結局、相手に対して嘘をつくことに抵抗が無い人です。

真面目な付き合いをするのには絶対に適さないでしょう。

もし待ち合わせ場所に現れた人が、明らかな別人だった場合は、適当な理由を付けてその場で帰りましょう。

罪悪感を感じる必要はありません。

最初に騙してきたのは向こうなのです。

「知り合いも一緒にいい?」と言ってくる

待ち合わせ場所についてからなぜか第三者が現れるパターンです。

宗教勧誘やデート商法に多いパターンですね。

筆者はこれで宗教の「先生」と名乗る人が現れたことがあります。

もちろん事前に聞いてなければお断りして帰りましょう。

自分の話をしたがらない人は注意

既婚者に多いパターンです。

余計なことをしゃべって情報が漏れるとまずい立場の人間、ということです。

もちろん単なる口下手の可能性もありますので、まずはこちらからも積極的に質問してみましょう。

そこで

「あ~うん、まあ、そんなとこ」

みたいに答えそのものを濁す人は危険です。

最終的に危ないと思ったら相手に気を遣わず帰る!

こういった危険な利用者と会ってしまったら「とにかく帰る」ことが重要です。

相手に悪いな、とか一切気にしなくて構いません。

「帰ります」

と言いにくかったら、

「家族が体調不良で病院に運ばれたみたいです」

とでも理由付けて帰りましょう。

嘘も方便です。

危険な利用者は警戒心の薄い「良い人」を狙っています。

危ない兆候のある人の前で「良い人」にならないようにしましょう。

男女ともにお勧めできるマッチングアプリ3選

マッチングアプリで危険な利用者に会うリスクを減らすには安心できるマッチングアプリを利用するのが一番です。

ここでは筆者お勧めのセキュリティの高い大手のマッチングアプリをご紹介します。

ペアーズ

マッチングアプリ最大手のペアーズです。

会員数は日本最大の800万人。

会員が多いということは「安心して利用できるから人が集まる」ということです。

ペアーズでは登録時にFacebookと連動させる方が多いです。
(しなくても登録はできます)

またメッセージ交換には絶対に年齢確認が必要です。

24時間カスタマーによる監視やサポートも充実しています。

全体的に「よからぬことをしにくい」のです。

もちろん絶対はないですが、少なくともマッチングアプリの中では安全性の高いアプリと言えるでしょう。

国内最大級800万人!サクラゼロ!
安心安全に理想のお相手を見つけよう!
真面目なパートナー探しならPairs(ペアーズ)♩

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

Omiai

Omiaiも日本では大手の一つに数えられるマッチングアプリです。

大手のマッチングアプリの中でも安全性が特に高いアプリです。

というのも、身分証明書による年齢確認は機械ではなく、スタッフが目視で行います。

また、スタッフによる24時間パトロールはもちろん、ユーザーの通報によるイエローカード制を取っていて、機械的なセキュリティだけではなく「生身の人間によるチェック」も常時行われています。

また、Facebookで恋人ありや既婚者というステータスの方は登録ができないようになっています。

既婚者も厳しく弾いてくれるのはOmiaiならではです。

安全性で選ぶならOmiaiは特にお勧めです。

上場企業が運営
Fecebookと連動
365日24時間の監視体制
通報システムを採用
メインユーザーは20~30代
女性無料

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

With

Withも先述の2つのアプリ同様、24時間監視体制がありますが、Withの一番の売りは「Facebook連動」。

他のアプリはFacebookなしでも登録できますが、Withは必ずFacebook連動が必要で、さらに友達が10人以上いないと登録できない仕組みになっています。

つまりある程度身分や立場、日常生活をしっかり営んでいる人しか登録できません。

悪さをしようとしている人はこんな面倒なアプリは使いません。

はっきり言えばもっと簡単に登録できて、人をだましやすいアプリがあります。

そのため、悪意を持ったユーザーはWithに登録する可能性は低いです。

この3つのアプリはどれも安全性が高くお勧めです。

マッチングアプリ初心者はまずこの3つの中から選んで登録してみるといいでしょう。

これからマッチングアプリを始める方へ経験者から一言

最後にマッチングアプリを多数利用して来た筆者の経験から、これからマッチングアプリを始めようと思っている男性と女性に、それぞれ安全にマッチングアプリを使うポイントをアドバイスします。

男性へアドバイス

基本的に男性は「美人局」にだけ注意すれば大丈夫です。

美人局は遭ってしまうと最悪、傷害や恐喝といった犯罪行為に巻き込まれる可能性があります。

余りに話の早い女性やモデルのような美人には注意しましょう。

宗教勧誘やデート商法にも僕はひっかかりましたが、こっちはよほど悪質でもない限り「帰る」と言えば帰れます。

援助交際や業者の場合は先にお金を要求してくることがほとんどです。

これも無視するか運営に通報してやりましょう。

会ってしまったらその場で帰りましょう。

女性へアドバイス

女性の場合はヤリモクや既婚者、犯罪目的など注意することがたくさんあります。

ですが、基本的には昼間、人通りの多い所で会うようにすれば、まずなにかされることはありません。

お酒や夜遅くのドライブなどは、最低でも3~5回くらい昼間のデートを重ねて、完全に信用できるようになってからにしましょう。

見知らぬ男性に対して疑うようで気が引けると思いますが、「何かあってからでは遅い」のです。

それに、あなたに対して本気で恋愛をしようとしている男性なら、そんなあなたを見て感心することはあっても、怒ることは無いでしょう。

怒るとしたらその男性がやましい感情を持っているからです。

疑いすぎているくらいでちょうどいいと思います。

まとめ

マッチングアプリは出会いを求めている男女にとって便利で素敵なアプリです。

ですが、利用者の中には不純な目的で登録、利用している人もいます。

こういった悪意のあるユーザーがいることもきちんと認識し、自衛することで初めてマッチングアプリは「便利で楽しいアプリ」になるのです。

これからマッチングアプリを利用しようと思っている方は今回の記事のようなケースがあることをきちんと認識し、安全に、そして楽しくマッチングアプリを利用しましょう。

関連記事

  1. アラサー女子向けOmiaiの使い方完全版!人生最後の恋の相手を見つけよう!

  2. マッチングアプリは危ない?安全性高いアプリの条件と危険な罠

  3. マッチングアプリで結婚!親への馴れ初め報告パターン3つ

↓男子も女子もコレで全部解決!!【決定版】

  1. ペアーズ女性会員が伝授!女の子の脈ありサインとサクラの見分け方

  2. 【ペアーズにログインできない!】原因と解決マニュアル!

  3. 出会えると噂のアプリ「ペアーズ」はガチ!理由と根拠を口コミから…

  4. ペアーズでの出会いは9割!ほぼ確実に出会えることを体験談で証明し…

  5. ペアーズのログイン時間とオンライン表示の疑問を解決!

  6. ペアーズで「マッチングしない」から解放!1%でも確実にマッチング…

  7. アラサー女子向けOmiaiの使い方完全版!人生最後の恋の相手を見つけ…

  8. Match(マッチ・ドットコム)の評判は本当?恋愛経験0の私が実際に…

  9. Omiaiとペアーズをテーマごとに徹底比較!どっちがあなた向き?

  10. youbride(ユーブライド)の評判を徹底解説!口コミの真実を実体験か…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底解説!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…