マッチングアプリで本当に結婚できる?ペアーズでのドラマティックな体験談

「マッチングアプリで結婚した人はいるの?」
「マッチングアプリで真剣に婚活している人はいるの?」
そう思ったことはありませんか?

マッチングアプリでの出会いは珍しくなくなってきましたが付き合うだけで結婚に至るケースは少ないと感じる人も多いでしょう。中にはマッチングアプリで付き合うことはできたけど結婚には至らなかったという人もいるかもしれません。

本記事ではこれらのような疑問に応えるべく、

・マッチングアプリで結婚した人に共通すること
・マッチングアプリで真剣度を探るコツ・テクニック
・真剣に出会えるマッチングアプリ
についてまとめました。

また、番外編としてマッチングアプリで結婚した人たちは周囲の友達や親に何で知り合ったと報告しているのかについてもご紹介します。

・マッチングアプリで本当に結婚まで至るのか
・マッチングアプリを通じて結婚するにはどうすればいいのか分からない
そんなマッチングアプリで真剣な出会いを求める方はぜひご覧ください。

そもそもマッチングアプリで結婚した人はいるの?

スマートフォンの登場により普及し始めるとインターネットはパソコンからではなくスマホから見るのが一般的になりました。みなさんはマッチングアプリというものはご存知でしょうか?

いわゆる婚活アプリと呼ばれるものです。いまはスマホでマッチングアプリをインストールすることで気軽に家や外出時など、どこでも婚活をすることができるようになりました。

しかし、マッチングアプリを利用して結婚した人がいるのかどうか疑問があると思いますので実際に結婚した人がいるのかどうか、マッチングアプリを利用するのはおすすめかどうかを紹介していきます。

マッチングアプリをきっかけに結婚した人は全体の〇〇%

株式会社リクルートマーケティングパートナーズの調査報告によると2017年での婚姻者のうちのなんと10.4%が婚活サービスを通じて出会い結婚したようです。

1割とは少ない数字に感じるかもしれませんが2000年では1.4%、2010年では4.1%ですので年々増加傾向にあり、特にここ数年は急上昇し続けているため非常に多い割合となっています。

ではマッチングアプリ単体ではどうなのかというと、2.7%とまだまだ発展途上な面もあるため少なく感じることでしょうが20代の若年層を中心に利用者が急上昇しております。そのため、今後も急上昇し続けることが予想されます。

マッチングアプリ利用者って遊び目的じゃないの?

マッチングアプリのイメージの一つに遊び目的があるかもしれません。たしかにそういった人がいることも事実で事件に発展したケースもなかにはあります。

しかし、問題が起きやすいのは遊び目的の人が多く集まる「出会い系アプリ」が大半です。

「マッチングアプリ」は「出会い系アプリ」とは根本的な目的や性質が違い、本当に結婚を望んでいる方が多いため遊び絡みでのトラブルに巻き込まれるケースは非常に少なくなっています。

真剣度の高いマッチングアプリを選ぶことが大切

出会い系アプリの利用を避け、マッチングアプリを利用することが結婚への近道に繋がることがわかっていただけたと思います。しかし、マッチングアプリを選ぶにしても数多くのアプリが溢れているため、どれが良いのか非常に迷うことと思います。

しかし、間違ったマッチングアプリを選んだことに今後の結婚への道が遠ざかることにもなってしまうため、そうならないためにも真剣度が高いマッチングアプリを見つけて利用していきたいものです。

真剣度・使いやすさともにイチオシの「Omiai」
Omiaiは2012年に当時、国内初Facebook利用者のみ(現在はFacebookなしでも利用可)が使えるマッチングアプリとして誕生して以降、結婚への真剣度が高いアプリとして知られています。

利用者の平均年齢は男性30歳、女性26歳と結婚への意識が高い年齢層といわれており、実際に「次付き合う人と真剣に将来を考えますか」に対して「はい」との回答が99.2%だったことで結婚への真剣度の高さは折り紙付きです。

Omiai

サクラゼロ宣言!累計会員数300万人以上!
初心者には絶対オススメ!
ユーザーの質も使いやすさも抜群!
安全性にも配慮!

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

会員数が日本最大級の「ペアーズ」
ペアーズも当時Facebook利用者のみの登録というコンセプトで誕生しましたが、以来会員数が他のマッチングアプリと比較するとダントツで多く、毎日約5,000人がユーザー登録して利用しています。

ただ会員数が多いだけではなく結婚への真剣度も高く、平均4カ月で理想のパートナーが見つかり結婚されたカップルが非常に多いマッチングアプリとして有名です。

Pairs(ペアーズ)

国内最大級800万人!サクラゼロ!
会員数NO.1!じっくり選べる
婚活にも恋活にも利用できる!
初心者はまずペアーズが最適♪

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

大手ブライダル企業運営の「ゼクシィ縁結び」
ブライダル関連と聞くとまずはじめに「ゼクシィ」を連想する人は多いことと思います。ご存知の通りこちらはゼクシィのマッチングアプリです。

ゼクシィからは使用用途に合わせ婚活のための「ゼクシィ縁結び」、恋活のための「ゼクシィ恋結び」と二種類アプリがあるためゼクシィ縁結びの結婚への信頼度の高さは説明不要といっても過言ではありません。

ゼクシィ縁結び

運営は誰もが知っている有名ブライダル企業!
業界初のコンシェルジュによるデート調整代行
個人情報を教えなくても会える!
ユーザーの真剣度も高いから安心

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

年齢層高めの「ユーブライド」
こちらは1999年からサービス開始後、現在ミクシィグループ運営でアプリとしてもサービスを開始しています。生誕20年とは名ばかりではなく、これまで数えきれないほどの数々のカップルを結婚へと導いた有名な婚活サービスです。

20代のユーザーは少ないのですが30代以降は50代でもユーザー数が多いため、結婚への真剣度は高い老舗ブランドアプリとなっています。

youbride_no.1

youbride(ユーブライド)

運営実績18年!!
結婚に真剣な利用者多数!!
条件次第では完全無料で会える♪
安全面への配慮も充実

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

再婚活に最適な「マリッシュ」
マリッシュは2016年サービス開始となった比較的新しいマッチングアプリです。20代のユーザーもいるにはいるのですが主に対象となるユーザーは30代後半、40代などのバツイチ、シンママ、シンパパが非常に多く、再婚を目指す人に最も向いているマッチングアプリの一つです。

そのため、結婚に対する意識は非常に高いためサービス開始以降たくさんの再婚カップルを生み出し続けており、口コミも非常に良い評判が多くあります。

マリッシュ

ワケありなんて関係ない!
再婚・子連れ婚・未婚のシングルママでも同じ境遇の人たちが多いから安心♪
敬遠されがちなワケありユーザーもマリッシュなら安心
バツあり・シンママ・シンパパ優遇

↓ ↓ ↓
公式サイトはこちら

マッチングアプリで結婚する人の共通点

自分に合ったマッチングアプリを利用していても結婚まで至らない人もいることと思います。しかし、マッチングアプリで実際に結婚した人は多い事実があります。

では結婚できる人とできない人では何が違うのでしょうか?実はマッチングアプリを利用して結婚まで至った人にはいくつかの共通点がみられますのでこれから紹介していきます。

会話やメッセージが盛り上がる
マッチングアプリはSNSサービスで顔を最初に直接合わせることがないとはいえ、コミュニケーションをとるためには会話またはメッセージでのやりとりが不可欠です。

対面と違い、顔を合わせないため表情を確認することが出来ないからこそ尚更コミュニケーションは重要であるといえます。そのため、最初から相手につまらないと思われないために会話が盛り上がるように意識しなければなりません。

趣味や価値観が似ている
趣味や価値観が似ている方はお互いに苦労せずとも惹かれあうことが現実世界でもありますが、これはマッチングアプリでも全く同じことです。

趣味や価値観すべて一緒の方はなかなかいないかもしれませんが、できる限り近い方を見つけることが長いお付き合いをする上で重要なことです。

お互い積極的
マッチングアプリでは男性だけが積極的と思われるかもしれませんが、うまく結婚まで辿りつくカップルの特徴として男性側だけではなく女性側も積極的に行動することが多いようです。

その中でも特にある程度人生経験を積んだ40,50代といった年配のバツイチ、シンママの女性は積極的に行動をする傾向が強いようです。

自然体でいられる
自分に合った異性と接する際、大抵の場合は知りあったばかりの頃から比較的お互い自然体でいられるようなカップルが多いです。

先ほどのように趣味や価値観などが近ければ近いほどより自然体でいることができ、最終的にはそのまま結婚に結びつく可能性が高まります。

とにかくいろんな人に会ってみる
結婚を目的としているマッチングアプリにおいてはどうしてもアプリだけでの会話やメッセージだけでは相手にピンとこない方もいるはずです。

結婚に結びつく人はメッセージだけではなく、実際に積極的に色々な異性と会う約束をし、会いに行く人が多いです。マッチングアプリで何人かに会った中で自分に合った異性を選び最終的に結婚まで実現する人が多いのも特徴です。

顔がタイプ
人は中身重視だから外見はあまり興味がないという方もいることと思いますが実際は誰でも好みの異性の顔があるものです。

顔が好みの異性を中心に選ぶことで相手に会う楽しみを糧に結婚へのモチベーションを維持することが可能で、本当に相手のことを好きになるまでのスピードが速くなるなどの効果があります。

実際にそういった人たちが結婚をし、幸せな家庭を手にいれています。

マッチングアプリで相手の真剣度を探るコツ・テクニック

マッチングアプリは基本的に結婚へ真剣な異性が多いことはわかっていただいたことと思いますが、結局のところはアプリを利用しているユーザーによって真剣度は変わります。

本当に結婚に対して真剣な異性以外とは関わらないようにするため、これからマッチングアプリで真剣な相手を見つけるコツ・テクニックを伝授します。

プロフィールが充実している

結婚に対して真剣な異性は自己紹介文や身長、体重などのプロフィールをしっかり記載している方がほとんどです。長文である必要は全くなく、問題はプロフィールの中身がしっかりしているかどうかなので細かくチェックすることが重要です。

すぐに会おうとしない

結婚を目的としているためマッチングアプリを利用していれば当然いつか異性と会うことになることでしょう。

しかし、すぐに会おうとする人には注意してください。そのような人はヤリモク、遊びとまで言わなくとも余裕がない人がほとんどです。

特に女性の場合そういった男性には注意すべきでしょう。本当に結婚を望んでいる男性はすぐに会おうとせず、ゆっくり着実に親密になっていきたいと考えているはずです。

相手に結婚の意思があるか確かめる

プロフィールの書き方で結婚の意思があるかどうかはある程度わかるものです。

例えば紹介文に「最近彼(彼女)と別れたばかりで寂しいよぉ!構ってほしい!」などと記載されていれば寂しさを紛らわすためが目的であって真剣度は全くないものだと判断できます。

反対に「職場などで出会いが全くないため真剣な出会いが欲しく最近登録しました。紳士な方がいたらまずはメッセージから仲良くしてください。」といった紹介文からは結婚に対しての真剣さが伝わるため、そういった人に積極的にアプローチをかけたいものです。

プロフィールに嘘がないか聞いてみる

実際にプロフィールに嘘を書く人はいるものです。人には言いにくいことが誰でもあるため、もちろん嘘が悪いことではありません。

例えば、年収が500万円と記載されている男性で実際は年収450万円だとしても、それは許容範囲になるため「嘘つきだからこの男性は信用できない」とまではならないと思います。

しかし、実際には年収が300万円だとしたら立派な嘘つきであると言えます。

もし、それに対して何で嘘を言ったのか事情を聞いてみて自分で納得することができればよいでしょうが、そういった人は他にも嘘の塊である可能性があるため、細かくほかのプロフィールについても聞いてみるのも一つの手段となります。

しつこく聞いてしまったために相手が離れていったとしても、その異性は元々縁がなかったものとして諦め、結婚に対して真剣な他の異性にアプローチをかけるべきです。

付き合った後にマッチングアプリをしていないか確認する

出会い系アプリではないため、そこまで多くはないかもしれませんがマッチングして付き合った後もマッチングアプリを使用している人はいます。

そういった人はひょっとすると他に良い人がいたら別れるつもりで保険としてあなたと付き合っているだけかもしれません。

もし相手と付き合ったあとに結婚の話が全く話題に出てこないなど怪しい点があれば、一度疑ってみてマッチングアプリを利用していないかチェックしてみることをおすすめします。

マッチングアプリで結婚するときの最大の難関!周りには何て言う?

マッチングアプリで理想のパートナーが見つかると比較的時間がかからず自然と結婚の話になっていくことかと思います。

しかし、いざ結婚となったときお相手との結婚式での馴れ初めや友人、知人への紹介など正直に話したら両親はどう思うのか不安な方は多いことと思います。

一体どのように対処すればよいのか悩みどころです。

相手との馴れ初めの無難な4パターン

相手との馴れ初めの無難な対策を4パターンにまとめましたので紹介していきます。ここをうまく乗り越えることができればきっとこの先は幸せな家庭を築けていけることと思います。

正直にマッチングアプリで知り合ったと言う
いまやマッチングアプリの存在はいかがわしいイメージもなくなり良識ある人が多く使うといったクリーンなイメージが浸透しつつあります。

そのため正直に「マッチングアプリを利用したときに彼(彼女)が支えになってくれたので結婚したいと思うようになった」など話すことで理解してくれることが多いです。

家庭にもよりますが基本的に男女の愛は両親や友人がとやかくどうこういうものではなく本人同士の意思が尊重されるため、比較的スムーズに結婚へと進めることが可能な場合が多いです。

友人の紹介で知り合ったとごまかす
もしあなたが親友と呼べるほどの親しい友人がいるならば親友にだけ正直にマッチングアプリを通し付き合ったことを話すことも手段の一つです。

本当の親友ならば話しやすく理解してくれるはずですし、頼もしい親友であれば他の友人や両親に紹介するときに仲介役となってくれる場合があります。

ただし注意として周りに話すときにつじつまが合わないなどといったことがないようにしっかりと親友と段取りすることが重要です。

恋活してて知り合ったと曖昧なニュアンスで伝える
もし、細かいところまで突っ込みをいれてくることなどがない両親や友人ならば恋活で色々な行動しているときに彼、彼女と知り合ったと曖昧に伝えることでそれ以上聞いてこない場合があります。

ただし、いつかは細かく聞かれる可能性もあるため保険として聞かれた場合にどこで知り合ったかなどは考えておくことをおすすめします。

仕事の関係で知り合ったと自然な出会いを演出する
例えば、あなたが営業で外回りメインの仕事ならば取引先で知り合ったと自然な出会いを演出することも可能です。

所属する会社が個人プレイよりもチームプレイで行動する営業の場合は細かい報告などもする必要があるため、同僚をごまかすなどといったことは難しくなりますが、完全に個人の裁量で自由に行動できる営業の場合は非常に有効な手段となります。

また、その場合は家族や友人に対しては基本的にばれる心配がほぼないでしょう。

正直に両親へ話した時の反応は?

今の時代マッチングアプリを利用することはごく普通のことになってきているため、本人同士が結婚したいという意思があれば全く問題なく結婚できるものだと思います。

また、マッチングアプリの利用は全く恥ずかしいことではなく、むしろ堂々と「マッチングアプリで知りあって結婚することにした」と言っていいまであると思っています。

しかし厳しい家庭で育ち、もし堅い両親に正直にマッチングアプリで知り合って結婚したいと話したならば結婚に反対されるどころかマッチングアプリを利用していたこと自体が理解されず、受け入れられないものになってしまうかもしれません。

もしそういった場合は時間はかかる可能性はありますが堅い両親だからこそ、二人の間柄が真剣であると両親も感じることができたならば、必ず結婚を認めてくれることと思います。

両親に告白したあとの反応でその後の対応を考えていくことに注意しましょう。

今やマッチングアプリは出会いのツールとして活用するべき!

これまで紹介してきたようにマッチングアプリは20代からの若年層を中心に盛り上がりを見せているツールです。

世の中の流行り廃りは高年層よりも若年層から発展することが多く、ましてやマッチングアプリは30、40、50代またはそれ以上の全年齢層が利用しているため、今後もユーザー数は確実に増加していきます。

おそらくあなたの友人、知人でもマッチングアプリで知り合い結婚したカップルはいることと思いますので、是非この機会にマッチングアプリの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

必ず素敵な出会いがあなたを待っていることでしょう。

関連記事

  1. マッチングアプリで付き合うまでに注意したいこと【男性向け】

  2. タップル誕生の評判ってどう?知り合いにバレることってあるの?

  3. Omiaiで足跡を何回も付けられてしまう理由

↓男子も女子もコレで全部解決!!【決定版】

  1. ペアーズ女性会員が伝授!女の子の脈ありサインとサクラの見分け方

  2. 【ペアーズにログインできない!】原因と解決マニュアル!

  3. 出会えると噂のアプリ「ペアーズ」はガチ!理由と根拠を口コミから…

  4. ペアーズでの出会いは9割!ほぼ確実に出会えることを体験談で証明し…

  5. ペアーズのログイン時間とオンライン表示の疑問を解決!

  6. ペアーズで「マッチングしない」から解放!1%でも確実にマッチング…

  7. アラサー女子向けOmiaiの使い方完全版!人生最後の恋の相手を見つけ…

  8. Match(マッチ・ドットコム)の評判は本当?恋愛経験0の私が実際に…

  9. Omiaiとペアーズをテーマごとに徹底比較!どっちがあなた向き?

  10. youbride(ユーブライド)の評判を徹底解説!口コミの真実を実体験か…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底解説!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…