メールのやりとりで恋愛は決まる!男性必見!!メールのコツ

メールのやりとりは恋愛では大事!そもそも日本人は「メール依存症!?」

現在、日本人の多くが「スマホ依存症」「メール依存症」にかかっていると言われています。実際に街中を歩いていると、実に多くの人がスマホを見たりスマホで音楽を聴きながら歩いている光景を目にします。

そして、メールやラインに関してもただ何となく眺めていたり、メッセージが届いていなくてもなんとなく確認している人が多いと言われています。

とにかく、少しでも暇があればスマホを確認する、これが現代の日本人のスタイルになりつつあります。

実際に、日本人は電話で話しているよりも、メールでやり取りしている割合の方が多いと言えるでしょう。特に、女性はその傾向が強いと言われています。

友達はもちろん、恋をした異性や付き合っている彼、ちょっと気になる異性と様々な相手に対して、メールという手段を使います。

口では言えないようなことでも、メールを使うことによって自分の気持ちを書けるので、恋愛におけるメールはなくてはならないアイテムの1つとなっています。

メールを送るメリットとは、まず「相手の都合を考えなくても送れる」ということにあります。

電話だと、ちょっと都合が悪い時にかけてしまうと迷惑になりますが、メールだと手が空いてから見ることができるので、送る側も受ける側もストレスがありません。

また、電話と違い「よく考えてから送ることができる」というのも大きなメリットです。

電話だと相手とのリアルな会話なので、どうしても即答する必要があり頭の回転が速くないと気の利いた会話ができない場合もあります。

しかし、メールの場合はよく考えながら打つことができますし、最後に見直しておかしいところがあったら直してから送ることができます。

要は、相手に「完璧」な自分の思いを伝えることができるのです。

そして、女性にとって恋愛におけるメールの存在は大変大きなものになります。

男性は、メールは連絡手段の1つにしかすぎないのですが、女性はメールしている時から恋愛が始まっておりメールの過程も踏まえてその相手を判断していくのです。

ですので、メール内容によっては相手に好印象を与えることも悪い印象を与えることもできる恐ろしいツールでもあるのです。

男性の皆さんはこの事実を踏まえて、より女性と親密になるにはどういったメールをするべきなのかメールのコツを学ぶ必要があります。

そして、今からお話しする内容を熟知していれば、メールで失敗することはほぼなくなりますので是非参考にしてみて下さい。

 

メールのやりとりは、ラインのやりとりと違うのか?

現在は、メールに変わってラインを使う人の方が増えてきています。メールとラインはそもそも違うのか、ということですが、基本的には「メールもラインも同じ」要領であると言えます。

メールテクニックは、ラインでも使えることなので今からお話しすることはどちらでも役に立つ内容となります。

《女性とメールをする上でのルール》

➀メッセージのやり取りは女性で終わるようにする

メッセージは、必ずどちらかで終わりがきます。その終わりを女性にすることで、次に対する期待度を増すことができます。

最後に自分がメッセージを残した方が、相手から返事が来るかどうかのドキドキも感じ、より相手のことを考えるようになると言われています。

そして、相手のことを考える時間が増えれば増えるほど恋愛感情が芽生える確率が増えるという訳です。

ですので、なるべくメッセージは相手の女性側で終わるようにしましょう。ただし、返信が必要なメールに返信しない、というような無理矢理な終わらせ方はしないようにしましょう。

➁スタンプや絵文字をあまり使わない

特に、あまり親しくもない状態の女性にスタンプは送らない方がよいでしょう。

女性側からスタンプが送られてくるのは「可愛い」で済みますが、男性側からの可愛いスタンプの多様はちょっと引かれてしまいます。

親しくなった男性や好きな男性からのスタンプは嬉しいものですが、ただの男性からのスタンプは逆効果になってしまいます。

「男のくせにスタンプばっかり送ってきて気持ち悪い」そう思われない為にも、親しくなる前はあまりスタンプは送らない方がよいです。

➂メールはすぐに返信しない

いつもすぐに返信してくる男性は、女性から何だか面倒くさくてウザいと思われてしまいます。

そして、「早くメールを返さなきゃ」と相手の女性も焦ることで余計にストレスを感じ、あなたとのメールのやり取りが上手く行かなくなるかもしれません。

付き合う前の段階では、メールの返信時間は相手に合わせる方が相手に居心地が良いと思わせることができます。

④頻繁にメールを送らない

まだ付き合ってもいないのに、男性から頻繁にメールが来たら女性は必ず引きます。

しかも何でもないような内容だったり、返信の必要もないようなメールばかり送ると、相手はウザい、重いとマイナスの感情しか抱かないようになります。

付き合ってからは、たわいもないことでメールするのも良いのですが、それまでは不必要なメールはなるべく控えましょう。

 

そして、「付き合ってから」は今までのことと真逆のことをするようにしましょう。

メールは頻繁に送った方が、女性は大事にされているという気持ちになりますし、スタンプを送ってくれたら「自分の為にスタンプを選んでくれた」と嬉しい気持ちになるでしょう。

女性の心理とは、ただの男性と好きな男性とではまるっきり変わってきますので、そこを踏まえた上で気になる女性とメールする際の参考にしてみて下さい。

 

メールやりとりで恋愛を左右するのは「頻度」

メールは顔の見えない通信手段ですので、あなたが女性にメールを送っても相手がどんな反応をしているのか全く分かりません。

せっかく、勇気を出してメールをしてみても、

「この人、メールばかりしてきて面倒くさい」
「内容が重くて、何だか気持ち悪いわ」

そんな風に思われたら悲しいですよね。

そうならない為にも相手の状況を想像しながら上手く相手の波長に合わせたメールを送る必要があります。

そして、何といってもメールは「頻度」が大切だと言われています。極端な話「内容よりも頻度で相手への好意の度合いが変わる」ものでもあります。

このメールの適正頻度を把握することで、より相手に好印象を与えデートに繋げていきましょう。

《相手が自分に好意を持っているのかどうか、分からない状態の時》

自分は相手を好きで好きでしょうがない、けれども相手が自分をどう思っているのか分からない、微妙な時ってあると思います。ここでメールの頻度を間違えると取り返しのつかないことになります。

まず、あなたは付き合っている訳でも特別な男性でもないのです。相手の女性からしたら「男性の一人」に過ぎないということをわきまえましょう。

基本的に、メールは1週間に1、2回~1日1回くらいまでの間で様子を見ていきましょう。

相手と連絡先交換をしたての時には、嬉しくてメールをガンガン送ってしまいがちになりますがこれはやめて下さい。女性にとって、好きでもない男からメールが来ることほどウザいことはありません。

週に2回位、さらっとメールを送って、自分の存在を少しずつアピールしていきましょう。そして常に「相手の反応を見る」ことです。

あるデータによると、メールが届いてから返信するまでの平均時間は、

★親しい友人⇒平均7時間

★職場や仕事関係⇒約11時間

★どうでもいい人⇒約50時間

と言われています。
相手との親密度とメールの返信時間とは深い関係があるということです。

いくらメールをやり取りしても相手からメールが返ってくるのは何日も経ってから…という場合には、あまり見込みがないと思った方がよいでしょう。

だいたいの人は忙しいながらも、半日から24時間以内にはメールを返す傾向にあります。ただ、本当にメールが苦手で返信までに時間を要する人もたくさんいるので人それぞれだということも覚えておいてください。

恋愛情報を鵜呑みにすることで目の前の状況を判断できなくなっても意味がないので、まずは女性の反応を見ながらメールのやり取りをしていくことが大切です。

そして、タイミングを見てちょうど良い頃合いにアドレス交換を申し出ましょう。

また、ラインに関してはメールと違って既読状態が分かるものとなります。常に既読状態にすることもやめた方がよいです。

それを見た相手がプレッシャーに感じてしまい、あなたとのやり取りが億劫になるかもしれません。読みたい気持ちは抑えて、未読状態にしておくこともテクニックの1つです。

そして、メールの頻度も一日に数回、自然にやり取りができるようになってきたらタイミングを見計らってデートに誘ってみましょう。

《デートを終えた後のメール頻度》

1回目のデートを終えて、相手も自分へ好意を持っていると感じたならばここからは毎日メールをしましょう。1回デートした後では、女性の心理状態もだいぶ変わってきます。

「知っている男性の一人」から「彼氏になるかもしれない男性」に変わったのです。

ですので、今まではメールをしたりしなかったりでよかったのですが、今度は毎日でもメールが来ないと「どうしたのかしら?」と思われるようになります。

今度は、あなたが彼氏としてふさわしいかをメールで判断するようになります。マメにメールすることで「私のことを本当に大事にしてくれそう」と思われ彼氏への階段を一歩一歩上がっていくことになります。

女性は、メールで男性の心を試しているようなところもありますので、女性の期待に応えるように是非マメなメールを心掛けましょう。ここで大切なのは、あくまで「女性があなたに好意を持っている」ことが前提になります。

いくらデートをしても相手の女性がまだあなたに好意を持っておらず、デートする前と変わらない状況であれば頻繁なメールはウザいだけです。

あくまで相手の女性からの好意を感じた場合、この方法を実行してみましょう。

女性から好意を感じたら「デートに誘う」「告白をする」のは男性の役割です。相手の女性をリードしながら、恋人になるまでの過程を一歩ずつ進んでいきましょう。

 

メールを上手にやりとりして恋愛上手になるコツ

「メールのやり取りがなんだか上手く行かない」

男性がメールでの悩みはよくあります。せっかく上手く行っていてもメールのやり取りでダメになってしまう、もったいない男性も多いのが事実です。

そんなことにならず、女性とのメールを盛り上げることができるようにちょっとしたメールのコツを掴んでいくことが大切です。

《メールやり取りのコツ》

➀ネタの引き出しを持つ

メールをする上で、一番困るのが、この「ネタ探し」です。あまりに突っ込んだ内容でも引かれるし、そうかと言って話が思い浮かばない、そんな時に話題としてオススメなのが、

★好きな食べ物

★相手の趣味

★日常のニュース

など、身近な内容のネタです。

特に、「相手の趣味」に関しては、たいして興味がなくてもいろいろ質問してあげることで、相手もより楽しくメール返信をしてくれることでしょう。

また、食べ物ネタも、困った時には使えますしデートで行くお店の話に繋げることもできます。そして、会話を盛り上げるコツは相手の興味のあることをネタにすることがコツです。

➁5W1Hと質問でさらに盛り上げる

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのよう に(How)」という5W1Hを会話に入れていくことで、より詳しい状況が分かり、話が盛り上がるようになります。

例えば、「この前の休みに旅行に行ってきました」とメールされたとします。「そうだったんですか」と言えば、それで終わってしまいます。

そうではなく「何曜日に旅行に行ったのですか?」「どこに旅行に行ったのですか?」「誰と旅行に行ったのですか?」「その旅行で何を観てきましたか?」と、5W1Hを使うことで会話が広がっていくのが分かると思います。

そして、相手も、「自分に興味を持ってくれている」とあなたに好印象を抱き、ますます会話が弾むという効果も期待できます。

そして、会話に必ず1つ質問を入れるとよいでしょう。1つの会話に何個も「?」を入れると逆にマイナス効果になってしまうので、さりげに1個質問するくらいがよいでしょう。

たいして興味がないことでも相手に関心があることを示していくことで、デートに発展していく確率が高くなると言います。

➂「ネガティブな内容」は書かない

会社の愚痴であったり、過去の暗い話など、相手の気分を害するようなことは間違っても書かないようにしましょう。直接会って話すよりも、メールは文章で残りますので余計に思い印象を与えます。

特に、メールしたての頃は、まだ親しくもないので、なるべくマイナスイメージを与えるような内容は送らない方がよいでしょう。

④相手の生活リズムを把握する

相手の無理な時間帯、非常識な時間にメールしないようにしましょう。相手が帰ってくる時間帯が分かれば、その1時間後くらいなら、ゆっくりメールできるかもしれません。

そして、なるべく~23時くらいまでにして深夜や早朝のメールは控えましょう。

相手に無理のない時間でメールをするようにすることで配慮がある思いやりのある人だという好印象を与えることもできます。

⑤自分の話ばかりしない

自分のことを知ってほしい気持ちもありますが出しゃばらない程度にしましょう。あまりにだらだらと自分のことばかりを書き続けていると相手の女性が引いてしまいます。

女性は、どちらかというと自分が話したい生き物なので、あなたの話ばかり聞かされていると嫌になってしまうかもしれません。

「自分のことばかり話して、いい加減にしてよ」

そうならない為にも、自分のことはさておき、女性の話を聞く側にまわりましょう。そうすることで、女性は居心地の良さを感じあなたに好意を抱いていくでしょう。

 

メールやりとりが恋愛を決める!


今回は恋愛におけるメールのやり取りについて見てきました。

男性はメールのやり取りが苦手な人も多いので、相手のペースを考えずに突っ走ってしまいがちになります。そうならない為にも、まずは相手に興味を示していき、相手ペースでメールのやり取りをしていきましょう。

会話のコツを実践する前に、まずは相手に興味を持ってあげてそれを相手に伝えていくことから全てが始まります。そして、上記の方法を実践し、会話のキャッチボールを楽しみながら好きな女性と時間も忘れるくらいメールを楽しんで下さい。

そうすれば自然とデートにつながっていきますし、相手と付き合うのも時間の問題かも知れません!

関連記事

  1. ペアーズ広告モデルの橘沙奈さんとは?さらには、ペアーズを使う男性の悩み解決!

  2. 婚活でメールが来ない…相手から返信がない時の理由と対処法

  3. マッチングアプリ「with」でモデル級の可愛い子と出会うには?

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  2. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  3. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  4. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  5. ペアーズ(Pairs)年齢層徹底解説!アラサーも出会いある!?

  6. バツイチ・シングルマザーでも出会える!ペアーズで安心婚活♪

  7. 【女性向け】ペアーズの口コミ評判から本当に安全安心して利用でき…

  8. 【俺のいいね数少なすぎ?!】ペアーズの男性会員の平均いいね数と…

  9. ペアーズのプロフィール(自己紹介文)を例文付きで解説!

  10. ペアーズの解約・退会は危険がいっぱい!安心安全に退会する方法

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…