マッチングアプリでの断り方!これで相手を傷つけない!

マッチングアプリを使っているそこのあなた、「この男性とは合わないけど、なんだか断りづらくて…」とお困りではありませんか?

マッチングアプリで婚活しているとたくさんの人と出会うことができるため、中には興味がない人や自分と合わない人からお誘いを受けたり「この人はなんか違う」と感じることも多々あります。

しかし、恋活・婚活では相手も本気なので断り方を間違えると大変なことに…。そんなトラブルや厄介事は避けたいですよね。

そこで今回は、なるべく相手を傷つけずに上手にお断りする方法やコツをご紹介していきます。

お断りするかどうか悩んでいる時間は無駄です!あなたに合った断り方を見つけてきっぱり、スッキリ前へ進みましょう!

マッチングアプリでのその出会いは本当にお断りして大丈夫!?

マッチングアプリを使っていると、たくさんの異性と簡単に出会うことができるので、「なんかこの人は違うな」と簡単に切り捨てていきがちですよね。

でもちょっと待って下さい。本当にその男性を切っても大丈夫ですか?

マッチングアプリでの出会いは職場や近所と違って相手との共通点が少ないため、一度切ってしまうともう二度と会うことができません。

「やっぱりあの人が良かった!」と後悔しないためにも、お断りする前にちょっとだけ考えてみませんか?

お相手のことをよく考えてみる

あなたはマッチングアプリで男性を選ぶ時、相手のどんなところを見ていますか?

結婚を考えている場合、相手の「職業」「年収」「学歴」など、基本的なスペックはもちろん大事です。しかし、あまりに男性の外側の部分だけに囚われていると、大事なことを見逃してしまっているかも知れません。

例えば、

・共通の話題や趣味があるか
・一緒にいて居心地がよいか
・金銭感覚が合うか
・許せない短所や癖はないか
・頼りがいがあるか
・あなたを大事に思ってくれているか

など、相手の男性が当てはまる項目はありますか?

もし、上記の項目に当てはまっている部分が多ければ多いほど結婚相手としては申し分ありません。婚活では、相手の外側だけではなく、中身の部分を見る必要があります。

結婚すると今までの恋愛と違って、ずっと一緒に生活していくことになります。人生のパートナーとして選んだ男性がいくら条件の良い人であっても自分と合わなければ結婚を継続することは困難です。

あなたは今、その男性と過ごしていて楽しいですか?
価値観や金銭感覚は合いますか?

一度、相手の内面を重視してみてはいかがでしょうか。

迷った時は相手に会ってみるのも一つの手

あなたが相手にまだ会ったことがないのであれば、メッセージ上だけで相手を判断するのはちょっともったいない気がします。

メッセージ上での相手は、あくまでもあなたが妄想で作り上げた「仮の姿」であって実際とはかけ離れている場合があります。

メッセージでは「いまいち」なお相手でも、実際に会ってみると意外と相性が良かった、なんてこともありますし、会ってみないと分からないことはたくさんあります。

特に男性はメッセージが苦手な人が多いので、メッセージのやり取りが下手だとそれだけで判断してしまうのは早いかも知れません。よっぽど嫌な相手ではない限り、早めに判断せずに1、2回デートをしてみるのも良いでしょう。

実際の相手の顔や表情を見ながら話すことで「こんな良いところがあったんだ」「意外と気が合うな」などメッセージでは気づかなかった部分が見えて、案外うまくいくことがあるかも知れません。

マッチングアプリで断るのは決して悪いことではない

「お断り=悪いこと」という、どうしてもお断りにはネガティブなイメージがつきまとってしまいがちです。なので、マッチングアプリで「断ること」に罪悪感やストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?

しかし、相手の好意やお誘いをお断りすることはそんなにいけないことでしょうか?

いいえ、お断りすることは決して悪いことではありません。よく考えてみて下さい。婚活をしていて、理想の結婚相手に最初から出会う人などまずいません。

ほとんどの場合、運命の相手にたどり着くまでに何人もの異性との出会いと別れを経験しますよね。その間にお断りする機会は何度も訪れますので、その都度いちいち気にしていたらキリがありません。

それに、お断りしたからといって相手も一生気にして生きていく訳ではありません。お断りされたことで相手は一時的に悲しい思いをするかも知れませんが、すぐに忘れて次に進むでしょう。

むしろ、あなたがうじうじ悩んでお断りを引き延ばしているよりも、キッパリお断りしたほうが相手にもあなたにも次の新たな出会いが早く訪れるでしょう。

マッチングアプリで会った相手を傷つけないベストな断り方

いろいろ考えた結果、やっぱりお断りしようとなった場合、あなたはどんな方法でお断りしますか?

できればあまり相手を傷つけずに円満に終わらせたいですよね。相手へ連絡は電話、メール、会うなどのお断り方法が考えられますが、いったいどれが良いのでしょうか?

あなたの今の状況に応じたベストなお断り方法を見つけていきましょう。

断り方にはどんな方法がある?

相手にお断りしたい時に使う手段は、

・電話
・直接会う
・メール

の3つが挙げられます。それぞれのメリットを簡単に見ていきましょう。

まず、電話でお断りする場合のメリットは、声のトーンなどから相手の様子を伺うこともできますし、メールよりも感情がより伝わりやすくなるという点が挙げられます。

さらに、相手に直接会って話をする場合は電話の時よりももっと気持ちが伝わりやすくなります。また、会って気持ちを伝えるという行為は相手の顔を見ながら話すため、より誠意が伝わりやすくなるというメリットがあります。

しかし、電話にせよ会うにせよ、どちらもメールで伝えることに比べてハードルが高くなりがちです。

「電話だとどもって上手く話せない」「相手の顔を見ると緊張してしまう」という人も多いはずです。しかも、今回はお断りするということはナイーブな話題ですので、直接だと余計に言い出しにくくなるでしょう。

電話や直接会うことで、相手の様子が分かってしまうので余計にお断りを言い出しにくくなるのも事実です。

お断りはメールが断然おすすめ!

では、メールでお断りするのはどうでしょうか。

「メールで断るのってなんだかずるいかな…」「逃げてると思われるかな」とネガティブに捉えがちですが、決してそんなことはありません。

むしろマッチングアプリで出会った相手には電話や会うことに比べてメールでお断りする方がよい場合もたくさんあります。

メールでお断りするメリットとして、

・電話や対面と比べて自分の思ったことを伝えられる
・じっくり考えて文章を作ることができる
・相手と自分の時間を拘束せずに済む

などが挙げられます。直接会うと緊張してどうしても上手く伝えられないという人でも、メールでならじっくり考える時間がありますので、自分の思いをしっかりまとめてから伝えることができます。

また、複数の異性とのやり取りしている場合はいちいち会ってお断りするのは大変ですよね。婚活では無駄な時間はできるだけ省きたいので、メール一本でお断りすることはかなり効率的だと言えます。

ただし、「メールだけで簡単に済ませるなんて失礼だ」と感じてしまいそうな男性にはちょっと注意が必要です。

「わざわざお時間を頂いてしまうのも申し訳ないので…」などとメールでお断りすることの理由を一言添えておくことで、後々トラブルになったり、相手のプライドを傷つけたりしないで済みます。

デートする前と後では断り方が変わる

もしあなたが、相手とまだアプリ内だけでのやり取りの場合は、お断りしも相手もさほどダメージは少ないでしょう。しかし、あなたが一度でもデートした場合は、お互いの距離はグッと縮まっていますので、お断りするのにも多少の勇気が必要です。

一度会ったことで、相手はあなたのことをより好きになったり、結婚相手として真剣に考えているかも知れません。また、あなたからの連絡を待っていたり、次のデートにいつ誘おうか考えているかも知れません。

そんな前向きな相手の気持ちを考えるとなかなか断りづらいものですが、そこでだらだらと引き伸ばすと余計面倒くさいことになります。あなたにその気がないのであれば、相手のためにもできるだけ早くお断りすることが必要です。

ただし、一度以上会った相手へお断りする際は、「今までたくさんの楽しい思い出をありがとうございます」など相手への気遣いを忘れずに!

マッチングしてからの時間が長ければ長いほど、お互いの情が深くなっていくので、相手への感謝の気持ちや思いやりを忘れないようにしましょう。

付き合っている場合はメールはNG

もしもあなたが既にそのお相手とお付き合いしている場合、メールで簡単にお断りしてしまうのは絶対にやめましょう。

あなたが逆の立場になってみて、付き合っている相手から「もう終わりにしよう」というメールが来たら「え、そんな!?」ってなりますよね?

それだけではなく、メールであっさり済ませられたことで今までのその人との楽しい思い出まで台無しになってしまうでしょう。

最近はメールのみで別れを告げてその後会うことを拒否する人もいるようですが、これは大人としてはありえないことです。お付き合いをしている相手には、きちんと会って別れを告げることが社会人としての常識ですし、一つの区切りとして次へのステップにつながります。

マッチングアプリで会った相手を傷つけないお断りメッセージ

婚活をしている以上、相手も軽い気持ちではありません。あなたに好意を持ってくれている相手の真剣な思いをお断りする訳ですから、相手をなるべく傷つけたり不快な気分にさせないようにしたいものです。

お相手をあまり傷つけずに済むお断りのしかたを見ていきましょう。

断り方①他に好きな人ができた

男性が意外と傷つかないで済むのがこれです。マッチングアプリを利用している以上、相手もライバルがたくさんいることを知っていますし、男性だって複数の女性とやり取りしていることも多々あります。

むしろ、マッチングアプリを使っていて最初から一人だけに絞ってやり取りしている人なんてほとんどいないのではないでしょうか。ですので、相手が自分以外の人を好きになったとしても、「仕方のないこと」と諦めてくれるでしょう。

また、相手が悪いわけではないので、男性のプライドを傷つけないという利点もあります。

断り方②自分とは価値観が違う

結婚相手として考えた場合、「価値観が合わない」というのはお断りする決定的な要因だと思います。

結婚相手と同じ価値観を持っていることは必須ですので、フィーリングが合わない相手には、正直に「合わない」と伝えましょう。ただ、あまりにアバウトすぎて相手が納得いかない場合、「何で自分ではだめなの?」と食い下がってくることもあります。

そういう場合には、具体的にどういうところが合わない理由なのか、結婚相手としてふさわしくないのかなど正直な気持ちを相手に伝えることも大事です。

断り方③忙しい

なかなか断りづらい場合は、「すみません、仕事が忙しくて会う時間がなくて」のように忙しさを理由にするにもありです。

マッチングアプリをしている人は大半が社会人ですので、「仕事が忙しい」というネタはかなり通用します。忙しい雰囲気を醸し出しながらそのまま徐々に返信を遅くしてフェードアウトしていきましょう。

最初は誘ってくる人でもだんだん脈がないと感じ、そのうち諦めてくれるはずです。

断り方④自分が悪い

例えば、「いろいろ考えた結果、これ以上やり取りするのは難しくなりました。私の勝手で大変申し訳ありません」「まだ結婚するということに自信がないので申し訳ありません」などと伝えてみるのはどうでしょうか。

あくまでも「自分が悪い」「私の身勝手で」というニュアンスで伝えることが大事です。プラスして「あなたは素敵な人だった」「今までありがとう」と入れておけば、プライドが高い男性でも波風が立たずに穏便にお断りすることができるでしょう。

あまりにしつこい場合はブロックする

マッチングアプリをやっていると、中にはしつこくて強引な男性もいます。あなたが誠意を持ってお断りしても、なかなか納得せずに食い下がってくる場合もあります。

特に気軽な恋愛とは違ってマッチングアプリは真面目に結婚相手を探している人が多いので、「僕のどこが悪いのかな?」「納得いかない」などと受け入れてくれないことも多々あります。

そんな時はアプリの最終手段「ブロック機能」を活用しましょう。相手をブロックしてしまえば、今後一切相手からメッセージが届くことはありません。

もし、相手にLINEや電話番号を教えている場合には、LINEや電話も拒否してきっぱりとお別れを告げましょう。

マッチングアプリで会った相手を傷つけないために大事なこと

いざお断りとなった場合、はっきりとお断りすることは大事なことですが、ちょっとした注意が必要です。なるべく相手を傷つけずに円満にお断りする為には、どんなことに気を付けたらよいでしょうか。

早めに気持ちを伝える

「断りづらいな」「相手を傷つけたくないな」と延々と悩んでお断りを先延ばしにしていませんか?

あなたは優しさのつもりかもしれませんが、お断りを悩んでいる時間も相手はあなたの気持ちを知らないのでずっとあなたのことを思っています。それは相手にとってもあなたにとっても無駄な時間でしかありません。

相手のことを思うからこそ、一度決断したならばなるべく早くお断りすることが大事です。

嘘をつかない

断る理由が見つからないがために、その場しのぎの嘘を言うのはやめた方がよいです。

「マッチングアプリをやめるので」なんて言っておきながら、別のアプリで鉢合わせしてしまったら、「嘘付き!?」なんてことにもなりかねません。嘘がばれたときはかなり気まずいですし、あなたの価値が下がってしまいますので気を付けましょう。

相手への感謝の気持ちを忘れずに

お断りする際は、今までやり取りしてくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

「こんなことになって申し訳ないのですが、あなたとのメールはとても楽しかったです、ありがとうございます」なんて言われたらお断りされつつも悪い気はしません。

特に数回会ってからお断りする場合は、今まで一緒に過ごしたことへの感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

お相手を否定しない

「思っていた感じと違う」「タイプじゃない」などお断りの理由が相手側にある場合も多いでしょう。しかし、それをストレートに伝えるのは危険です。

男性はただでさえプライドが高い方が多いので、自分を否定されることは許せません。例え、理由は男性側にあったとしても相手を否定せずに無難な理由でお断りした方が、トラブルも起きにくくあなたの為にもなります。

無視してフェードアウトはダメ!?

「断りづらいな…」と思って、相手からのメールを無視したり、そのまま放置したりするのはどうでしょうか。相手からしたら「なんで連絡が来ないのかな?」と理由も分からずにあなたからの返信をずっと待っているかも知れません。

お断りも入れずにそのままフェードアウトしてしまうのはやっぱり社会人としてよくないです。あなたの婚活に区切りを付ける為にも、きちんとお断りすることが大事です。

中途半端に断らない

相手を傷つけたくないが為に、中途半端に断るのはやめましょう。例えば、「仕事で会えなくなっちゃって…また次の機会に会いましょう」なんて断り方をした場合、相手は次に期待してしまいます。

この断り方だと、その場しのぎにはいいのですが、「次はいつ会えるのかな」と相手はそれを心待ちにしてしまうので良くありません。

そして、実際はお誘いのメールどころか連絡が途絶えてしまったら相手はどうでしょうか?

断られたこと以上に傷ついてしまうでしょう。そうなれば、相手は2回も傷ついてしまうことになります。中途半端に断るということは、余計に相手を悲しませることになりますので、断る時はキッパリ断るようにしましょう。

まとめ

世の中に断られて傷つかない人っていませんよね。「お断り」されると誰しも多少のダメージがあるのは当然のことですが、婚活をしていて避けられないのが「お断り」です。

次のステップに進むためにも断ることは必要なことですが、相手を少しでも傷つけないためにも、

・早めに伝える
・嘘をつかない
・感謝の気持ちを示す
・相手を否定しない

という気遣いをすることが大事です。言いづらいからと言って、関係をずるずる続けても結局誰の為にもなりませんので、お断りする時は早めにキッパリ言いましょう。

断る理由は相手のタイプや状況によっても変わってきますし、正しい断り方などありません。どんな断り方をするにしても、あなたがしっかり考えて伝えることが大事ですので、決してフェードアウトなどせずに相手に伝えましょう。

お断りするちょっとした勇気を持つことが、あなた自身のためになりますし、次の出会いにもつながっていきます。この記事を読んでくれたあなたなら、しっかりお断りすることができて、これからもっと素敵な出会いが訪れるはずです!

関連記事

  1. ゼクシィ縁結びとブライダルネットを実際に使って徹底調査しました!

  2. マッチングアプリで女性にlineブロックされた!?何で…

  3. 【2019年最新版】マッチングアプリのおすすめランキング15選

  4. ペアーズ・Omiai・タップル誕生の日本3大アプリを徹底比較!

  5. マッチングアプリで出会った男性が急に音信不通になる原因は?

  6. マッチングアプリの女性とline交換する時は、本名でバレる!?

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. aocca(アオッカ)の口コミ・評価・料金を徹底調査!実際に試してみた

  2. ゼクシィ縁結びとブライダルネットを実際に使って徹底調査しました!

  3. ゼクシィ縁結びとMatch(マッチ・ドットコム)はどっちが結婚に向いて…

  4. withの性格診断が意外と当たって面白い!恋活と併用で楽しめる!

  5. Omiaiで何したらイエローカードがつくの?相手についてたら連絡は控…

  6. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  7. withでブロックしたら/されたらバレる?解除はできるの?

  8. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  9. ゼクシィ縁結びの料金は男女同一!料金表や無料・有料の違いを徹底解…

  10. CROSS ME(クロスミー)のすれ違い機能ってどれくらいの距離や範囲で…

  1. マッチングアプリで会うまでの期間と初めて会う時の心構え

    2017.12.08

  2. ペアーズ・Omiai・タップル誕生の日本3大アプリを徹底比較!

    2017.09.12

  3. ペアーズ体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で彼氏がで…

    2017.07.03