ブライダルネットにサクラや業者はいるのか!?

婚活サイトを利用する中で不安な要素のひとつがサクラや業者の存在です。

せっかくマッチングしたり、メッセージのやりとりをしているのに相手がサクラだと無駄な労力を使ったことになりますし、業者に限っては金銭を騙しとられかねません。

今回はブライダルネットにおいてのサクラや業者の存在についてお伝えしていきます。

ブライダルネットにサクラ!?婚活サイトにおけるサクラや業者の存在とは?


婚活サイトやアプリを使ったことがあるなら一度は聞いたことがあるサクラや業者と呼ばれる人たちですが具体的にどのような人たちのことを指すかご存知でしたでしょうか。

ブライダルネットのサクラ・業者に関する説明の前に基本的な点をおさらいしておきましょう。

・業者について

まずは業者と呼ばれる人たちについてですが、これはサクラのように運営会社に雇われているのではなく、外部から自身のサイトへ誘導するのを目的としてサイトを利用している人たちのことを指します。

婚活サイトにおいてはまずLINEの交換をしてから、ブログへ誘導するのが最も多い手口です。

誘導されたブログでメッセージを送信するのにはポイントが必要で、そのポイントは“100pt5000円”といった形で課金しないと保有することができません。

また、そのブログへ誘導する過程で取得したLINEのIDも個人情報として転売されます。

特徴としてはサクラと同様にルックスの良いプロフィール画像を使い年収は基本的には600万円以上とかなり高額です。希望する相手の条件にも特徴があり、年齢は20代~50代までとかなり広範囲である場合が多いです。

積極的にメッセージを送ってきて、数通のやりとりをした後にすぐ連絡先(LINEなど)を交換しようと持ちかけてきます。送られてくるメッセージ内容はかなり無難で誰にでも当てはまることが書かれています。

・サクラについて

運営会社がサイトを盛り上げるためやポイントを消費してメッセージをするようなサイトであれば会員とやりとりをさせて自社の利益をあげるために雇われるのがサクラです。

業者と同様にこちらからコンタクトを送らなくても相手から積極的にコンタクトしてくるのが特徴です。サクラの中には雇われた人物でない場合があり、メールシステムでテンプレートを用いた文章を一斉送信してくるパターンもあります。

機会が質問文をいれた文章を送ってくるので、それに対してこちらが答えても向こうは何のリアクションもしませんし、こちらの質問には答えません。

当然、会うことはできませんのでやりとりを続ける以上ポイントと時間の無駄です。

また、反応率の向上や他の会員からのアプローチも狙っているため、プロフィール画像はかなり美形で性格も良く、完璧な設定になっていることが多いです。

プロフィール画像に関してはメインの画像のみ設定してある場合が多く、読者モデルや中国・アジア系のモデルの写真が使われることがあります。

その他の写真は適当な風景の画像になっていることが多いというのもサクラの特徴です。

ブライダルネットにはサクラや業者はいるのか


業者やサクラについての定義や特徴についてお伝えしましたので次はブライダルネットにフォーカスしていきます。

・ブライダルネットにおけるサクラの存在

ブライダルネットネットにおいてサクラはほぼいないといってよいでしょう。

なぜかというと、サイトのサービス内容自体がそもそもポイントを消費するシステムではなく、利用料金が定額制であるという点が挙げられます。

ブライダルネットにはポイントというもの自体はありますが、その使い道は婚活パーティや街コンなどのイベントの参加費やショッピングアプリ(emma)での利用に限られますし、月額3000円の有料会員になった時点で1万円分のポイントをプレゼントされますのでポイント目的のサクラは考えられないといってよいです。

また、ブライダルネットの運営会社である株式会社IBJが上場企業であるという点もサクラがいない理由です。

なぜかというと上場している企業においてはイメージが重要で、「サクラを雇っている」ということが噂になればそれだけで会社にとって大きな損失を被るからです。

会員数が重要な婚活サイトや結婚相談所では口コミはかなり重要ですのでそういった観点からもサクラを雇っている可能性はかなり低いです。

株式会社IBJのブライダルネットはサービス開始から15年以上経過している大手老舗婚活サイトですので、きちんと法令を遵守しています。もし仮にサクラを見かけたという噂がある場合、それは現在は廃止されているビジターメンバーについての口コミの可能性が高いです。

ビジターメンバーとはブライダルネットの無料会員のことを指します。これらビジターメンバーはサービスを休会中の人が自動的に設定されるほか、同運営会社が運営しているサービスから流入している会員です。

具体的なサービス名は婚活パーティのPARTY☆PARTY、合コンサービスのRushで、これらで開催されているパーティや合コンに登録すると自動的に上記のビジターメンバーに登録されます。

ですので、全く会員活動をしていない人たちが見受けれられるので、サクラだと誤解を招いてしまうパターンがあるようです。口コミを見る際はあまりにも古い口コミは参考にしないようにしましょう。

また、婚活がうまくいかないからといってその腹いせで悪い口コミが投稿される場合もあるのでそういった情報に左右されないようにしましょう。

・ブライダルネットにおける業者の存在

ブライダルネットにおいてサクラはほぼいないとお伝えしてきましたが、業者については存在する可能性はあります。

前述したようにサクラは運営会社が雇い、業者は外部から婚活サイトなどに会員と偽って登録するため、運営側の意思ではどうしようもないからです。

外部のブログに誘導する以外にも他のあやしげな婚活サイトを持ち出して「こっちでやりとりしよう」といったり、コチラのほうが安いという口実で誘導してきます。

ただし、ブライダルネットにおいては登録の際に下記の書類が必要になります。

(必要証明書類)

・住所証明

・勤務先証明

・年収証明

・学歴証明

・独身証明

この中でも独身証明書(結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書)は現在婚姻関係にないことを証明する書類で、各市区町村から発行されます。

入会登録にはある程度の手間がかかるので業者からすると、その他の婚活アプリやサイトに比べるとブライダルネットは登録審査がしっかりしている分、非効率的だといえます。

また、ブライダルネットにおいては従業員・スタッフが毎日パトロールで巡回し、怪しい利用者が目を光らせています。そのパトロールの頻度もかなり頻繁にされており、一歩的に連絡先を送りつけるなどをしただけでも巡回スタッフが気づきます。

登録の際の仕組みも業者が紛れ込みにくいものになっており、はじめから無料会員になることができないようになっています。

 

ブライダルネットにサクラがいる可能性は低い!


サクラや業者の特徴とブライダルネットにおけるそれらの状況についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ブライダルネットは入会の際の審査がしっかりしていることや会社自体も上場企業であるためサクラを使っている可能性はかなり低いです。

万が一、注意するとすれば業者の存在で、ペアーズやOmiaiといった月額料金がかかるようなサイトでも散見されていることからブライダルネットでも遭遇する可能性はありますので安心しきらず、業者の特徴をしっかりと把握しておきましょう。

関連記事

  1. Omiaiで成功体験をした男性が気を付けていたこと

  2. ペアーズでのメールアドレス交換は要注意!回収業者の実態

  3. マリッシュの評判からサクラはいるのか?マリッシュに潜む怖い人とは?(女性向け)

今、一番読まれています♩

【計220個】全て使い尽くしておすすめマッチングアプリを厳選
マッチングアプリおすすめ

  1. ペアーズ・ブライダルネット・Match(マッチ・ドットコム)を徹底比較!…

  2. タップル誕生・ゼクシィ恋結び・イヴイヴを徹底比較!出会えるアプリ…

  3. タップル誕生?with?出会えるアプリはどちらか徹底比較!

  4. マリッシュユーザーの口コミ・評判まとめ!本当に出会える?

  5. CROSS ME(クロスミー)のオンライン表示が見れないのはどんな時?

  6. 人気アプリwith(ウィズ)でブロックしたらバレる?されたらわかる?…

  7. ペアーズ (Pairs)とゼクシィ縁結びはどっちが出会えるか徹底比較!

  8. Omiaiは女性からの評判がイマイチ?口コミと体験談から検証してみた!

  9. あなたは大丈夫?ペアーズでキープする男性心理と本命に昇格するた…

  10. 婚活アプリに潜むヤリモク男の特徴とターゲットにされやすい女性の…

  1. 婚活アプリで会う時の注意点と実際の体験談【女性向け】

  2. 「ペアーズ」「Omiai」「タップル」日本3大アプリを徹底比較!

  3. Pairs体験談!彼氏いない歴21年の女子大生が登録1ヶ月で…